体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8つの事例から学ぶ!優れたナビゲーションメニューの作り方

本稿は、Designmodeのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Jake Rocheleau氏によって投稿されました。

 

モダンなJavaScriptとCSS3の効果によって、ドロップダウンメニューは進歩しています。しかし、すべてのドロップダウンメニューが同じように設計されているとは限りません。

この記事では、ユーザーにとって分かりやすいドロップダウンメニューを構築するためのデザインテクニックを紹介します。デザイン例の中には、多階層のドロップダウンメニュー、メガドロップダウンメニューなども含まれていますが、応用しているデザインルールは同じです。

 

サブメニューのための目印

サブメニューのあるリンクには、目印となるものを付けましょう。こうした視覚的な小さな目印を配置することで、ユーザーにとってリンクの場所がわかりやすく、アクセスしやすくなります。

このルールは設計するリンクが1階層でも4階層でも適用されます。

目印には、矢印、ドット、四角形など目立ちやすい記号を使用します。一般的な記号を使用している限り、ユーザーはその記号の意味を理解できるでしょう。

例として、上記Threadbirdの優れたナビゲーションメニューを見てみましょう。

このメニューのリンクには、サブメニューがあるものとないものがあります。サブメニューのあるリンクにだけ、目印が表示されています。

目印には、右向きの二重山括弧引用記号「(»)」が使われています。この記号はシングル矢印よりも目立ちやすいため、Webデザイナーに好まれています。

また、小さなサイズにしても、変形する心配もありません。

 

TutsPlusのナビゲーションメニューも同じような設計です。ドロップダウン形式には下向きの矢印、フライアウト形式には右向きの矢印が使われています。

ただし、サブメニューに使われている矢印の記号に、1つ残念な点があります。

それは、すべてのリンクにサブメニューがあるにもかかわらず、矢印アイコンは、メニューアイテム上でマウスホバーされた時にしか表示されないことです。この場合、矢印アイコンは常に表示されたままにしておくことが、デザインのベストプラクティスです。

しかし、TutsPlusのシンプルなデザインは個人的には好きです。小さな目印がユーザビリティ向上に役立つことを示している、完璧な例といえます。

 

リンクのスペースには、paddingを使用する

ほとんどのドロップダウンメニューでは、リンク間にスペースが設けられています。しかし、マージン(margin)とパディング(padding)は区別しましょう。

marginを使用した場合、リンクのテキストそのものをクリック/タップすることになります。クリック可能な領域は、テキストとほぼ同じ面積になります。一方、paddingを使用した場合、全体をクリック可能な領域にすることができ、より大きなターゲット要素をユーザーに提供できます。

ドロップダウンメニューでは、より大きな領域を確保する方が良いでしょう。

Webdesigner Depotは、昨年のデザイン変更で、クールなアニメーションのドロップダウンメニューを実現しました。blogというリンクをクリックすると、2カラムのドロップダウンメニューが表示されます。これらのリンクをクリックすれば、スペースにpaddingが使用されていることに気づくでしょう。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。