ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

マル暴刑事のコワモテファッションの意味とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マル暴刑事のコワモテファッションの意味とは?

警察の捜査四課といえば、暴力団を取り締まりを担当するマル暴刑事の所属部署。ドラマなどでは暴力団さながらのコワモテファッションで描かれていますが、実際のマル暴刑事もだんだんコワモテになっていく傾向があります。とはいえ、コワモテを装うにはマル暴刑事ならではの意味があるのでした。

マル暴刑事のコワモテファッション

警察の刑事部には一課のほかに二課と三課、そして四課があります。二課は知能犯、三課は盗犯、四課は暴力団等の取り締りを担当。この四課がいわゆるマル暴刑事です。ただし、警視庁四課を「組織犯罪対策部」として独立させています。

警察ドラマなどでマル暴刑事は、強面の俳優がキャスティングされがち。とはいえ実際、自然に顔つきから言葉遣い、服装など、怖くなっていく傾向にはあります。じつはマル暴刑事の服装がコワモテファッションなるには事情があるのです。

例えば、某広域指定暴力団では「刑事と接触してはいけない」というルールがあって、破ると処分されてしまいます。そこで、マル暴刑事のそれっぽい服装は、情報交換のために接触した時に、同業者と思わせるための配慮なのです。

マル暴刑事は小物類もコワモテ風

とはいえ、マル暴刑事は警察の中でも血気盛んな人間が目指す部署。そもそも警察官になる前に、暴力団と渡り合ってきたような猛者もいたといいます。その意味では、もともと趣味が近いという事情もあるようです。

また、暴力団員が行きつけの革製品店が東京・浅草にあります。その店の従業員から「どこの組の誰が来た」などの情報をもらうこともあって、クラッチバッグやベルトなどの小物を買って関係性を築かなければなりません。その結果、マル暴刑事の小物類もコワモテ風に近づいてしまうわけです。

なお、マル暴刑事たちは暴力団員に対して、自分の顔を覚えさせるような行動を心がけるといいます。街で顔見知りの刑事の姿を見るだけで、違法行為に手を出す直前で諦めたりするものもいるからです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。