体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「一発で伝わる」文章には“具”が欠かせない

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナー。今回は「伝わる文章に欠かせない要素」についてです。

f:id:asukodaiary:20170316162034j:plain

抽象的な文章では伝わらない

伝わる文章を書く人と、伝わらない文章を書く人の差はどこにあるのでしょうか? その差のひとつが、“具”つまり具体例 の有無です。伝わる文章には具体例があり、伝わらない文章には具体例がない。このような傾向が見受けられます。

【例文】 汗をかくことが好きです。

「汗をかくこと」とは、どういうことでしょうか。スポーツをするときにも汗をかきますし、人によっては、寝汗をかく人や、緊張したときに汗をかく人もいます。あるいは、「一所懸命に仕事をする」ことの比喩として「汗をかく」という表現を使う人もいます。そうそう、ヒヤっとしたときに “冷や汗”もかきます。つまり、「汗をかくこと」という抽象的な文章では、読む人に伝えたことにはならないのです。

【改善文】 汗をかくことが好きです。オフの日にはランニングやフットサル、テニスなどで汗をかきます。温泉やサウナに入って汗をかくのも大好きです。

具体例を盛り込むことによって、書き手が何を言わんとしているのか、その真意が伝わります。具体例には、情報を明確化するパワーがあるのです。

<たとえばトレーニング>で具体化する力をつける!

具体例とは、平たく言えば「言葉をかみ砕くこと」です。先ほどの例文でいえば、「汗をかくこと」という言葉を噛み砕いたものが、「ランニングやフットサル、テニスなどのスポーツをすること」であり、「温泉やサウナに入ること」なのです。

具体例を盛り込むトレーニングとして有効なのが<たとえばトレーニング>です。「たとえば」という言葉を使って、身の回りにある物事をどんどん具体化していきます。独り言のようにつぶやくだけでも効果が得られます。

【<たとえばトレーニング>のお題+回答例】

、たとえば、赤、黒、白、黄色、緑、紫などです。

宝石、たとえば、ダイヤモンド、オパール、ルビー、サファイヤなどです。

交通機関、たとえば、電車、飛行機、バス、タクシーなどです。

緑黄色野菜、たとえば、ピーマン、ほうれん草、ニンジン、トマトなどです。

音楽、たとえば、クラシック、ロック、ポップス、ジャズ、パンク、フォークなどです。

名作映画、たとえば、『タイタニック』『ローマの休日』『スター・ウォーズ』『風と共に去りぬ』などです。

「名作映画」でトレーニングを終えたら、次は「名作アニメ映画」や「名作ミュージカル映画」「名作SF映画」という具合に、答えるのが少し難しいお題にもチャレンジしてみましょう。

具体例を盛り込めば「文章」が「映像」になる?

f:id:asukodaiary:20170317105125j:plain

自分の感想や意見、主張などを文章にするときにも、抽象的な言葉だけで終わらせずに「具体例」を盛り込みましょう。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。