ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

現地のスーパーで手に入る! 在住者おすすめのバリ島土産5選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お土産探しは、旅行の楽しみのひとつです。とはいえ、海外旅行の場合、どんなものを購入すべきか迷うことも多いのではないでしょうか。

例えば、今回ご紹介するバリ島土産。伝統工芸品の置き物やバティック小物などが有名だけれど・・・。独断で選ぶと、相手が気に入る確率はフィフティ・フィフティかもしれません。そこで、現地在住者にハズさないバリ島土産を教えてもらいました。

どれも現地のスーパーやドラッグストアで、数百円で購入できるものばかり。早速ご紹介していきますよ!

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選

ツヤ髪へと導く、流さないヘアトリートメント

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)sweetsholic

日常的なヘアケアとして、あるいは紫外線で傷んだ髪の集中ケアにぴったりなのが、「エリップス(ellips)」のヘアビタミンこと、髪のオイルトリートメント。バリ島の(ヒンズー教の)お祈りに欠かせない可憐な花・プルメリアの精油をベースにした「Balinese Essential Oil」シリーズは、美容に関心の高い友人にぴったり。すすめてくれた女性Aさんの話では「日本の友人から、帰国のたびにリクエストされる」ぐらいリピ率が高いお土産のようです。

濡れた髪に少量塗って、乾かすだけでOKなのでラクチンです。筆者も使ってみたところ、たった1回のトリートメントで髪が驚くほどサラサラに!

頭痛にも虫刺されにも、肩こりにも効く薬用オイル

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)sweetsholic

レモンとミントのような爽やかな香りのアロマセラピー用の精油「セイフ・ケア(Safe Care)」は、頭痛・虫刺され・腹痛・乗り物酔いなどに効果的な薬用オイルです。すすめてくれた女性Bさんの話では「眠け覚ましや肩こり解消のために愛用している」そう。ロールオンタイプなので、リフレッシュしたいときにすぐに使えて便利です。

うまみたっぷりのバリ島の天然塩

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)sweetsholic

バリ島はクサンバ村の塩田で作られるミネラルたっぷりの天然塩。白いご飯はもちろん、グリルした魚や肉にかけて味わえば、そのおいしさの虜になってしまうことでしょう。根強い日本人ファンも多いということにも納得! バリ島で採れるハイビスカス「rosella」を配合したソルトは、赤紫蘇を思わせる爽やかな香りと味わい。もうこれだけで、白いご飯が3膳はイケちゃうおいしさです。

おいしくて美容によい、香り高いハーブティー

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)Maelys

現地のスパやエステを訪れると供される、体に優しい「ジンジャーティー」や「ハイビスカスティー」などのお茶。現地の味を日本の友人にもおすそ分けしてみては? 冷え性改善や整腸作用、風邪予防などに効果のあるジンジャーティーと、アンチエイジングや便秘解消、疲労回復などが期待できるハイビスカスティー。温かくしても、冷たくしてもおいしくいただけます。みなさんは、どちらを選びますか? 

ナシゴレン、ソトアヤムの素、インスタント麺

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)sweetsholic

甘辛い味付けのインドネシアのチャーハン「ナシ・ゴレン」に、春雨入りのあっさりしたチキンスープ「ソトアヤム」など、現地の味をおすそ分け。すすめてくれた女性Cさんによると「日本で手に入る食材で作れるので、料理好きな人には喜ばれるはず」とのこと。

きっと喜ばれる! 在住者おすすめのバリ島土産5選
(C)sweetsholic

インドネシアの味が◯◯の素よりも手軽に楽しめるインスタント麺も、お土産に喜ばれるそうですよ!

どれも現地のスーパーで購入できるアイテムですが、筆者は薬用オイル以外はデンパサール(ングラ・ライ)国際空港にあるコンビニ「WHSmith」で買いそろえました。うっかり買い忘れたものがあっても、空港で買えるので安心です。

[Photos by Shutterstock.com] 

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。