体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定

3月21日にデビュー35周年を迎えた小泉今日子のコンプリートシングルベストアルバム『コイズミクロニクル〜コンプリートシングルベスト 1982-2017〜』が、5月17日に発売されることが決定した。
小泉今日子 (okmusic UP's)
1982年のデビュー曲「私の16才」をはじめ、日本の歌謡史に金字塔を打ち立てた「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々の大ヒット曲、そしてドラマ『あまちゃん』挿入歌としてのヒットも記憶に新しい「潮騒のメモリー」、最新シングル「T字路」に至るまでの全シングル曲を収録。さらに別名義シングル、両A面シングル、12インチシングル、配信シングルに至るまで、各時代のすべてのシングルというシングルを完全網羅した3枚組全50曲。シングルベストの決定盤であり、しかも全曲を完全リマスタリング! まさに小泉今日子の音楽年代記=コイズミクロニクルがメモリアルイヤーに発売となる。

初回限定盤プレミアムBOXは、特典として2冊の本が付属。1冊は全シングル制作に携わった作詞、作曲、編曲家、ディレクター、エンジニア、プロモーターなどクリエイター&スタッフへの総力取材による、小泉今日子の音楽史を紐解く壮大なシングルメイキング本『コイズミシングル〜小泉今日子と50のシングル物語』。あの名曲たちはいつどのようにして生まれたのか、約70名の貴重な証言によって構成される楽曲誕生秘話だ。

そして、ひとりの少女がアイドルになるまで、そしてトップアイドルを経て大人のアーティストに成長していくまでを、音楽業界のクリエイター視点から描く35年間に及ぶ壮大な『小泉今日子物語』。当時を知る者も、今の小泉今日子しか知らない者も必読の、約250ページのスペシャル書籍だ。監修・編集は伊藤総研が担当し、松永良平が執筆を手がけている。

もう1冊はアナログ、8cmCD、12cmCD、配信シングルの全ジャケット、さらに初回盤限定盤、特典物など貴重なパッケージのアートワークによる「コイズミ図録」の計2冊が付属。さらにデビュー当時の懐かしいポラロイド写真風味のレトロマグネットが封入されており、こちらはデビュー当時のサインつきとなっている。

また、発表とあわせて『コイズミクロニクル』特設サイトもオープン。特設サイトではファンからの収録曲にまつわる思い出やメッセージも投稿できるファン参加型の要素もあり、作品情報や映像を通して作品の魅力に迫るトレイラー映像も随時アップされる予定で、早速第1弾が公開となった。

そして、1988年公開当時、小泉今日子が歌う主題歌も大ヒットし、映画祭各賞を受賞した傑作ラブ・サスペンス・コメディ映画『快盗ルビイ』(小泉今日子&真田広之主演 和田誠監督 1998年公開)のBlu-ray&DVDも同日リリース! いずれもお見逃しなく!

■『コイズミクロニクル』特設サイト 

http://www.jvcmusic.co.jp/koizumi_chronicle/

【小泉今日子 コメント】
私がデビューした1982年はまだアナログの時代でした。CDすらまだ生まれていなかった。ターンテーブルの上をくるくる回る黒いレコードに針を落とした時代。そんな頃にレコーディングされた音がこの2017年にお化粧直しをして生まれ変わりました。この3 5年間、クロニクルという言葉を使っても許されるほど時代の変化を見守ったような気がします。コイズミクロニクルをこれからも更新できるように長生きしたいと思います。

『コイズミクロニクル』トレイラー映像
https://youtu.be/UarSryM0KT4

アルバム『コイズミクロニクル 〜コンプリートシングルベスト 1982-2017〜』
2017年5月17日発売

【初回限定盤プレミアムBOX】(3CD+2BOOKS+GOODS)

VIZL-1142/¥6,500+税

【通常盤】(3CD)

VICL- 70227〜70229/¥3,900+税

※全50曲収録(全曲完全リマスタリング)

<収録曲>

■Disc 1

1. 私の16才

2. 素敵なラブリーボーイ

3. ひとり街角

4. 春風の誘惑

5. まっ赤な女の子

6. 半分少女

7. 艶姿ナミダ娘

8. クライマックス御一緒に 

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。