体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ビクターロック祭り2017」、過去最多の出演アーティスト登場で12,000人が大熱狂

「ビクターロック祭り2017」、過去最多の出演アーティスト登場で12,000人が大熱狂

3月18日、千葉・幕張メッセ国際展示場で「ビクターロック祭り〜2017〜」が開催された。

「ビクターロック祭り〜2017〜」は音楽事業で80年を超える歴史をもつ日本のレコード会社として、いつの時代もロックシーンに確かな足跡を残し続けているビクターが「ずっとロック、これからもロック」を合言葉に開催する“ロックのお祭り”。4回目の開催となる今年も、昨年に引き続き2ステージ制での開催となった。

これまでにロック祭りに出演したことのあるKEYTALK、キュウソネコカミ、Cocco、サカナクション、Dragon Ash、レキシに加えて、ADAM at、雨のパレード、Xmas Eileen、KREVA、四星球、竹原ピストル、never young beach、夜の本気ダンスが初出演。

さらに、ばってん少女隊やどうぶつビスケッツ×PPPという、ロックのジャンルにとらわれないアーティスト2組をオープニングアクトに迎え、今年で3回目となるDJダイノジの出演や、ビクターロック祭りへの出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションでグランプリに輝いたAUSTINES、kobore、SILYUSの3アーティストの出演など、過去最多の20アーティストが登場。観客約12,000人が集まる大熱狂のイベントとなった。

<BARK STAGE>

・ばってん少女隊 Text by 兵庫慎司
2017年ビクターロック祭りのトップバッターを務めたのは、BARKS STAGEのオープニングアクトを務めたばってん少女隊。

6人それぞれ自身の名前を染め抜いたノボリを振り回して登場し「よかよかダンス」から「おっしょい!」を披露、短時間の中にすごい情報量が詰まった華やかな高速スカ・チューン2連発で、会場の温度を一気に上げた。「ビクターエンタテインメント100年に1組の逸材、ばってん少女隊でした!」とあいさつ、深く長いお辞儀をし、6人はステージを下りた。まさに、矢のように感じるひと時だった。

・夜の本気ダンス Text by 高橋智樹
満場のクラップを受け登場したのは、「ビクターロック祭り」初出演となる夜の本気ダンス!「みんなおはよう!朝やけど、夜の本気ダンス!踊れる準備はできてますか!」という鈴鹿(Dr)の絶叫とともに流れ込んだ「WHERE?」では、米田(Vo・G)の歌声が一面のコール&レスポンスを巻き起こしていく。

さらに、ロックンロールとダンスビートがデッドヒートを繰り広げるような「Crazy Dancer」の爆走感が、幕張メッセの歓喜の密度をぐいぐい高めていく。「超楽しいことやってライブを終わりたいんですけど、協力してくれますか?」の米田の呼びかけに応えて、オーディエンス一同座り込んでからのハイジャンプ!徹頭徹尾全力でロックとダンスのど真ん中を駆け抜けた、灼熱のアクトだった。

・Cocco Text by 田中大
バンドメンバーが現れたのに続いて、ゆっくりと歩いてステージのセンターへと向かったCocco。最初に放たれたのは2ndシングル「強く儚い者たち」だった。ベージュ色のワンピースに身を包んだ彼女を眩しいライトが包み、歌声が壮大に広がっていくのが美しい。

続いて、1stシングルのタイトル曲「カウントダウン」。激しく高鳴るバンドサウンドと完全に一体となった歌声の熱量がものすごい。完全に引き込まれた観客は、息を呑んでステージを見守る…彼女の歌声のかけがえのない魅力を早速強く実感できたオープニングであった。

瑞々しい歌声をじっくり噛み締めることができた「樹海の糸」と「Raining」。アルバム「ザンサイアン」から披露された「愛うらら」。そして、ラストを飾ったのは、昨年リリースの最新アルバム「アダンバレエ」に収録されていた「有終の美」。雄大に響き渡る歌声が胸に深く沁みた。

全曲を歌い終えると、「ありがとう」と言って深々と頭を下げ、笑顔で手を振りながらステージから去って行ったCocco。途中でMCを挟むことはなく、ひたすら曲を届けるライブであったが、3月21日にデビュー20周年を迎える彼女の足跡をじっくり辿るかのような濃密な時間となった。

・KEYTALK Text by 高橋智樹
開演早々から「ASTRO」で幕張メッセの巨大な空間を一気に狂騒感と祝祭感であふれ返らせるKEYTALKは、そのまま変幻自在な激烈アッパーチューン「MONSTER DANCE」でフロアをがっつり揺らす!

最新アルバム「PARADISE」からダンスロックウェポン「Summer Venus」炸裂!さらに「PASSION」を挟んで、法被姿のダンサー陣とともに「MATSURI BAYASHI」へ――この日のアクトからは、KEYTALK「最新型」への4人の揺るぎない自信が滲んでいた。今回「ニッパー大使」にも任命されているということで、「ニッパーくん」を呼び込んでみせる一幕も。「新しいことに挑戦しようとしているすべての人に、応援歌を作りました!」という巨匠こと寺中の言葉に導かれて、ラストナンバーはもちろん「Oh!En!Ka!」!力強い歌声とビートが観客の情熱と共鳴し合った、最高の名場面だった。

1 2 3 4 5次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会