体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

生活・趣味

1300年の都、奈良。「古都」といえば京都を思い浮かべる人が多いですが、いま奈良を一人でふらっと訪れる「奈良女子」が増加中なのだとか。女子旅にぴったりの「ならまち」の魅力をご紹介します。

いま「奈良女子」が増加中

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

筆者が奈良で宿泊したゲストハウスの女将さんによると、近年奈良を一人で旅する「奈良女子」が増えているのだとか。お隣の京都と比べ観光客が少なく、静かな日常の雰囲気が残る奈良は、気負わない女性の一人旅にぴったりなのです。

華やかな京都もいいですが、素朴な情緒あふれる奈良は、ほっこり、気ままな旅を叶えてくれますよ。

奈良の女子旅なら、風情漂う「ならまち」

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

「ならまち」とは、世界遺産・元興寺の旧境内を中心に広がる門前町。「ならまち」という呼び名は通称のため、地図にはありません。江戸時代末期から明治にかけての商家や町屋が並ぶ光景は、情緒満点。

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

歴史ある格子の街並みに、古民家を改装したおしゃれなカフェや雑貨ショップが点在し、宝探し気分で歩きたくなる街です。1キロメートル四方と、コンパクトなエリアなので、徒歩での散策にぴったり。古都の風情を感じながら、のんびりと歩いてみましょう。

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

建物細部の観察が楽しい「ならまち」歩き

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

文化財指定の建物に現在も人が暮らす、ならまち。通りを歩けば、美しい格子やユニークな瓦、透かし彫りなどで彩られた個性豊かな家々が目に飛び込んできます。

いま「奈良女子」が増加中!格子の街「ならまち」で楽しむほっこり古都散策

街並み全体を眺めるだけでなく、建物の細部にも目を向けるのが、ならまち散策を2倍楽しむポイント。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会