体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【食材の保存方法】大量のお肉やお魚を冷凍保存するときのコツ【料理ハック】

メシ通レポーターのハガです。

みなさん、「ふるさと納税」を試したことはありますか?

以前、『メシ通』でも紹介させていただきましたが、

各自治体が用意する「ふるさと納税」の返礼品には、大量のお肉やお魚がもらえるものがいっぱい!

www.hotpepper.jp

と、こんな感じで、大量のお肉が届くこともしばしば……。

f:id:Meshi2_IB:20170227141447j:plain

▲【茨城県 土浦市】茨城県産豚肉&つくば鶏もも・充実の3.5キロ【寄付金額2万円】(返礼品の詳細はこちら)

頼んだときは返礼品が届くまで、ウッキウキでしょう。

でも返礼品が届いてから困ることって、けっこうあるんですよね。

「どうやって保存すんの? これ?」

そんな場合のために、長持ち保存されるための4つのポイントを紹介いたします。

ポイント1:冷凍保存の前に、必ずドリップをふきとる

f:id:Meshi2_IB:20170227141448j:plain

冷凍保存をする際、水分が多いと、氷の結晶は多くなります。その結果、お肉が痛みやすくなるので水分をしっかりとりましょう

ポイント2:細かくして袋に入れ、金属のトレーにいれてできるだけ急速冷凍させる

f:id:Meshi2_IB:20170227141450j:plain

下味をつけて冷凍するとより長持ちします。

塩分などを加えることにより、浸透圧の関係でお肉の水分が外に出るため、冷凍の際にお肉が傷みにくくなります。傷みを少なくするため急速冷凍を心がけましょう

ポイント3:ひき肉の場合は、真空パックにいれて薄く伸ばす

f:id:Meshi2_IB:20170227141449j:plain

痛みやすいひき肉の保存方法のポイントは、切れ目をつけてから保存すること。料理で使用する際に使いやすくなります。

以上のポイントを抑えれば、大量のお肉が来てもバッチリ! です。

続いては、お魚の保存方法です。

f:id:Meshi2_IB:20170227141445j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。