ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

生々しい歌詞と過激なMVが話題の注目曲 / 「トンネル・ヴィジョン」コダック・ブラック(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
生々しい歌詞と過激なMVが話題の注目曲 / 「トンネル・ヴィジョン」コダック・ブラック(Song Review)

 米フロリダ州、ポンパノビーチ出身のラッパー、コダック・ブラックの新曲「トンネル・ヴィジョン」 が、2017年3月25日付の米ビルボード・ソング・チャートで6位にランクアップし、自身初のTOP10入りを果たした。R&Bチャートでは4位、ラップ・チャートでは2位まで上昇している。

 2月17日にリリースされ、登場たった3週でTOP10入りしたこの曲。ヒットの要因となったのは、自身の体験談から書かれた生々しい歌詞と、その内容を映像にしたような、過激なミュージック・ビデオの話題性にある。

 コダック・ブラックは、ドラッグや性犯罪などで収監されていて、昨年釈放されたばかり。歌詞には、自分と敵対する誰かのせいで逮捕されたということや、無罪の主張とも取れる内容が綴られている。

 公開1か月で6000万視聴回数を記録しているビデオには、米大統領ドナルド・トランプが被っていた「Make America Great Again」ではなく、「Make America Hate Again」と書かれたキャップを被った白人男性が登場し、銃を持って黒人を襲い掛かろうとするシーンがある。しかし銃が機能せず、黒人男性がアメリカの国旗で白人男性の首を絞めようとするが、小さな女の子に「ストップ!」と止められ、ビデオは終わる……というシナリオ。その過激なシーンの間では、コダックが歌いながら十字架を燃やし、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」を連想させるような場面もある。今のアメリカを象徴しているような「トンネル・ヴィジョン」のヒットは、反トランプ派の支持にありそうだ。

 プロデューサーは、ミーゴズの「バッド・アンド・ブージー」などを手掛けるメトロ・ブーミンと、フューチャーやグッチ・メインなどの人気アーティストをヒットに導いた、サウスサイドの2人が担当。その「バッド・アンド・ブージー」や、ビッグ・ショーンの「バウンス・バック」のような重低音が響くヒップホップらしいナンバーで、サウンドだけでも高く評価できる曲だ。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「トンネル・ヴィジョン」
コダック・ブラック
2017/2/17 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/oOVGDq

関連記事リンク(外部サイト)

Mura MasaのデビューALが遂に完成、チャーリーXCXとのコラボ曲を公開
リアーナ出演&スパークス音楽担当のL・カラックス監督作、米アマゾンが配給権を獲得
スヌープ・ドッグ出演MVにトランプ大統領の弁護士が抗議「どこに芸術的価値があるのか理解に苦しむ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。