ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【どんなクルマと、どんな時間を。】軽キャンピングカー × 仲良しパティシエ夫婦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲アウトドアが共通の趣味だという鶴岡さんご夫妻。プライベート用の愛車はキャンピングカーということで、日常も、非日常も一緒の仲良しご夫婦だ

▲アウトドアが共通の趣味だという鶴岡さんご夫妻。プライベート用の愛車はキャンピングカーということで、日常も、非日常も一緒の仲良しご夫婦だ

夫婦円満の秘訣は、休日の遊び車にあり?

茨城県牛久市でケーキ屋さんを営む鶴岡さんご夫妻。愛車は、マツダ スクラムトラックをベースにした軽キャンピングカーだ。

中を見せてもらって驚いた。まるでホテルの一室に案内されたようだ。

備えつけられたソファに整頓された水回り、カーテンの付いた窓。ポップアップルーフを上げれば、身長180㎝の人でも立って移動できる空間だ。休日はこの車で、趣味のアウトドアを楽しむのだという。

▲仕事用にキャンピングカーなのかと思いきや、これはプライベートでしか使わないとのこと。室内には、キッチン用具や寝具などが常備されていた

▲仕事用にキャンピングカーなのかと思いきや、これはプライベートでしか使わないとのこと。室内には、キッチン用具や寝具などが常備されていた

学生時代から付き合いがあったというお二人。揃ってパティシエ(パティシエール)で、結婚後に自分たちの店を立ち上げた。

昔から趣味も共通で、釣りやキャンプなどアウトドア全般。様々な場所を旅したが、次第に宿泊施設のチェックイン・アウトを煙たく感じるようになり、より自由が利くキャンピングカーの購入に至った。

▲「パティスリーレスピレ」。夫婦手づくりのケーキや焼き菓子が並ぶ(お店のURLはページ下部に)

▲「パティスリーレスピレ」。夫婦手づくりのケーキや焼き菓子が並ぶ(お店のURLはページ下部に)

つまり、仕事も遊びも一緒、常に同じ時間と空間を共有しているということだ。

思わず、「本当に仲良しなのですね」とという言葉が口をついて出てしまったのだが、お二人にとっては自然すぎることらしく、照れた様子がほほ笑ましかった。

いつか旦那さんが大好きだという沖縄の地を、この車で旅をしたいとのこと。小さな軽キャンピングカーには夫婦の夢まで積み込まれているようだ。

~どんなクルマと?~

■マツダ スクラムトラック(キャンピング リゾートデュオ バンビーノ)

マツダスクラムトラックをベースに、ポップアップルーフ付きのシェルを架装した軽キャブコン。ソファとテーブルを用いた1方向着座のダイネットを採用している。南国のコテージにいるような内装は標準装備とのこと。

▲ポップアップした状態。シェルを搭載していても、軽自動車枠に収まっており、軽8ナンバー登録となる

▲ポップアップした状態。シェルを搭載していても、軽自動車枠に収まっており、軽8ナンバー登録となる マツダ スクラムトラックのキャンピングカーを探してみる 鶴岡さんご夫妻のお店「パティスリーレスピレ」text/編集部 井上恵利

photo/阿部昌也

関連記事リンク(外部サイト)

マツダ スクラムトラックのキャンピングカーを探してみる
鶴岡さんご夫妻のお店「パティスリーレスピレ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。