体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ~番長】

f:id:Meshi2_IB:20170125145449j:plain

今日もカレーにDELIGHTSを!

よろこびこそがサイキョー、サイコーの隠し味!?

確かな技術と経験に裏付けされた、新オトコのカレー道。

でらいつカレーvol.6 「お手軽自家製マッサマンカレー」のつくりかた

f:id:Meshi2_IB:20170125144941j:plain

「マッサマンカレー」って知ってますか?

タイ料理好きの方ならもちろんご存知でしょうし、数年前からレトルトカレーや、なんならカップラーメンとかスナック菓子でも“マッサマンカレー味”なるものがいろいろ出回ったので、名前だけは聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。

f:id:Meshi2_IB:20170125144942j:plain

マッサマンなヤツら!

大人の事情でモザイク処理しています(笑)。

「マッサマンカレーなんて聞いたことなーい!」という方のために簡単に説明しますと、タイカレーの一種で、タイ南部のイスラム教徒たちが食べている料理です。(「マッサマン」が「イスラム教」を意味していています)。

そのため、タイ国内(とくに北部)においては知名度が低かった料理のようですよ。でも、なんでそんなタイでも知名度の低い料理が、日本でレトルトカレーやカップラーメン、たはまたスナック菓子にまでなったのか、不思議じゃないですか?

それは今をさかのぼること6年前。

2011年7月にアメリカCNNのサイト「CNNGO」で発表された「World’s 50 most delicious foods(「世界で最も美味しい食べ物50)」の1位に選ばれたからなんです!

世界中のいろーんな食べ物の中で1位ですよ、1位!

それもカレー限定じゃなく、「food=食べ物」ですからね。「dish=料理」でもない。

ちなみに、32位は日本の「あん肝」(チョイス渋っ!)、29位が「近江牛ステーキ」(ブランド牛ピンポイント! 松坂牛でも神戸牛でもない……)、4位が「寿司」でした。ボク的には断然、寿司が1位ですけどね。

で、そんな、世界で一番おいしい食べ物(2011年ですけど……)に選ばれたのがマッサマンカレ―。

食べたことはあっても、作ったことはほぼないんじゃなんですか?

「作ったことある!」と自慢げに言った方でも、大体はこーゆーの、使ったでしょ?

f:id:Meshi2_IB:20170125144943j:plain

マッサマンカレーペースト!

これ使えば、超~簡単に作れます。

ネットにあふれているマッサマンカレーのレシピも大概が市販のペーストを使ってますし、本場のタイ料理店でもフツーに使ってますからね。

でも、これって、ちょっとズルくないっすか? もう、8割がた、いや9割がた出来てるんですもん。

ざっくり言っちゃえば、このペーストをココナッツミルクで溶いて、具材入れて、ちょこちょこっと調味料入れて、煮込めば完成ですから。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。