体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事が好きすぎて婚活する暇がない。でも、結婚したい。

「いまは仕事に集中したいから結婚は考えられないんだ…」

「結婚したい女 vs 結婚したくない男」の間で毎秒1億回ぐらい繰り返されているであろうこの会話。

多くの場合、この言葉が意味するところは「君と結婚する気はないけど、いい女がいたらプロポーズするよ」であり、「そうなの、じゃああなたの仕事がうまくいくまで待つわ…!」と待っていたらあっというまに数年が経っていた…なんてホラー話が後を絶ちませんが、本当に「いまは仕事に集中したい」人ももちろんいます。

とくにアラサー女性がこの言葉を口にする場合は本気です。

いまここで年収を上げないと問題

20170320_papuriko01.jpg

2016年、世界経済フォーラムが公開する「ジェンダー・ギャップ指数」調査で日本はみごと、過去最低水準の144か国中111位を記録しました。ハラショー。

ここまで下がった理由の大きな要因は「男女の所得格差」。

25〜29歳までの男女の平均年収差は81万円ですが、30〜34歳になると男女の平均年収差は145万円にまで広がります(国税庁「民間給与実態統計調査」2016年度版より)。

もともとある格差が、子どもを持つなどしてキャリアに中断が入ったり雇用形態を変えることにすると、さらに高くなるわけです。

「復職できると思ったらダメだった」という予想外の退職。「子どもがいるからしょうがないよね」と望まない仕事に異動させられるマミートラック問題。結婚して子どもを持つことを考えると、どうしても「年収が下がる」リスクが高まります。

バリキャリであればあるほどこの問題は深刻なので「結婚する前に年収を蹴り上げとかないとまずい」と、仕事にがっつり精を出して昇進や転職、マネージャーポジションなどを狙うわけですが、ちょうどそれぐらいの勝負をかけられる実績がついているのがアラサーという、これまた絶妙なお年頃。

「しかしここでやっておかないとまずい、優先順位はこっちだ!」ということで、婚活や結婚よりも仕事を選ぶわけです。激務バリキャリの女性や起業している女性の多くが「アラサーの頃? いちばん仕事してたわー」と言うので、この選択は仕事重視の女性陣にとってはわりとメジャーです。

仕事が好きすぎて婚活に時間を割くのがめんどい問題

20170320_papuriko02.jpg

そして、もうひとつよく聞くのが「仕事が好きすぎて没頭してたら、気づいたら30歳を超えてたんだよね」という声。

彼女たちは「趣味や好きなことを仕事にしている」タイプが多く、帰宅後も休日でも仕事に関連する本を読み漁っていたり、情報収集していたり、モノを作っていたり、仕事つながりの人とミーティングしていたりと、とにかく「仕事が楽しすぎて、時間があればあるほど使いたい」人たちです。

とても明るくエネルギッシュなので付き合っていて楽しいのですが、30歳を超えたあたりから「ねえ、私ぜんぜん結婚とか考えてなかったんだけど、どうしよう」と相談を持ちかけられることが。

「婚活してみたら?」と言っても「でも、仕事が楽しすぎて時間を割きたくない」「いまここが踏ん張りどきだから時間を削りたくない」という答えが返ってきます。

でも、これまで仕事に没頭しすぎていて恋愛から遠ざかっているからリハビリが必要…。

だとするともう婚活を始めないと35歳までに子どもが作れない…。

でも時間が惜しい…好きなことをしていたい…。

こんなアンビバレントな気持ちの揺れ動きが見えます。

仕事に集中したいから婚活する暇がない。でも、結婚したい。

20170320_papuriko04.jpg

さらに彼女たちを悩ませるのが「結婚しないの?」「結婚できなくなるよ?」プレッシャー。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。