体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

典型的なイケメンCARはもう古い(?)ということで、150万円以下のレクサス HSはどうでしょう?

▲ややずんぐりむっくりとした「おとぼけフォルム」であることは否めないレクサス HSだが、時代の流れから考えると「これこそが逆におしゃれ」と言える可能性も?

▲ややずんぐりむっくりとした「おとぼけフォルム」であることは否めないレクサス HSだが、時代の流れから考えると「これこそが逆におしゃれ」と言える可能性も?

まずまず好条件な物件も前期型なら150万円以下

レクサス HSが妙にお買い得だ……といきなり言っても、お世辞にも人気車種とは呼べないHSだけに、「はて、それってどういう車だったっけ?」という人も多いかもしれない。だがとにかく今、レクサス HSの前期モデルが妙に安く、妙にオススメなのである。

具体的な価格の話をする前に、レクサス HSという車について簡単におさらいしておこう。

09年7月に登場し、小変更を経て今も販売されているHSは、レクサス初の「ハイブリッド専用モデル」となった中型セダン。車台は旧型トヨタ プリウスを中心とする既存の中型用を組み合わせた独自のもので、駆動方式はFFだ。

パワートレインは最高出力150psを発生する2.4Lの4気筒ガソリンエンジンに、143psを発生する電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム。パワートレインはこの1種類のみだが、装備の違いにより「バージョンL」「バージョンS」「ベースグレード」などいくつかのグレードに分かれている。新車価格は395万~571万円ということでレクサス車としては比較的安価だが、紛うことなき「なかなかお高い車」であることは間違いない。

で、その「なかなかお高い車」が今、なかなかお安いのである。

さすがにスピンドルグリル(ここ最近のレクサス各車が採用している独特のフロントグリル)になった13年式以降は270万円以上となるのが一般的だが、前期型であれば140万~180万円付近がボリュームゾーン。そして「走行5万km以下」というまあまあ好条件な物件に絞った場合でも、車両価格150万円以下で比較的ラクに探すことができる。……「あのレクサス」の、「まあまあ好条件な物件」が150万円以下というのは結構グッとくる話だと思うのだが、どうだろうか?

▲日本で販売されるレクサス車としては初のFFレイアウトの4ドアセダンとなったHS

▲日本で販売されるレクサス車としては初のFFレイアウトの4ドアセダンとなったHS

今の時代における「カッコよさ」とは果たして何か?

しかしここでは当然ながら、以下のような反論も想定しなければならない。

「ハッ、今どきセダンですか。しかも、言っちゃなんですがビミョーなフォルムの。そんなのいくらレクサスでも、いくら安くても、積極的に買う気にはなれませんねえ。ていうか、そう考える人が多いからこそHSの中古車相場は安いんでしょ?」

……この反論というか筆者に対する愚弄嘲笑はある意味「そのとおり!」なだけに、普通に考えればなかなか反撃できるものではない。が、筆者だって何も勝算なしにレクサス HSという車を持ち上げているわけではないので、以下、少々の反撃を試みたいと思う。

議題として挙げたいのは「『カッコ悪いこと』は、果たして本当にカッコ悪いのか?」ということだ。

……いきなりHSのことを「カッコ悪い」と断じてしまい大変恐縮だが、まぁこのどちらかといえばずんぐりむっくりで、Dセグとしてはホイールベースが短めゆえ「伸びやか」とは評しにくいHSの造形は、人それぞれ見解の相違はあれど、おおむねそう断じてもバチは当たらないのではないかと思う。

で、従来どおりの感覚でいえば今ひとつスタイリッシュではないHSに対し、従来からの常識だけで判断すると「スタイリッシュ!」となるのが、例えば同門のISだろう。

▲こちらは現行レクサス IS。05年9月に登場した初代ISの後を受けて13年5月にデビューした、HSと似たようなサイズ感となる中型のスポーティセダンだ。写真はIS 200t バージョンL
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会