ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6連勝の小久保監督に「お花見幹事の心得」を学ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 侍ジャパンの小久保裕紀監督の株が急上昇だ。大人力コラムニストの石原壮一郎氏はそこに「お花見幹事」の仕事力を学ぶ。

 * * *
 予想以上の盛り上がりだし、予想以上の快進撃です。第4回ワールド・ベースボール・クラッシックで、侍ジャパンは1次、2次ラウンドを負けなしの6連勝で通過。米国時間21日(日本時間22日午前10時)に、アメリカ・ロスアンゼルスで準決勝に挑みます。

 壮行試合で負け越してしまったこともあり、大会前の小久保監督の評価はさんざんでした。しかし、今は絶賛の嵐が巻き起こっています。手の平を返すとはまさにこのこと。まあ、いわゆる「野球通」のみなさんは批判や文句が大好物なので、侍ジャパンの優勝を願いつつも、もし負けたらあれこれ言ってやろうと手ぐすね引いていることでしょう。

 WBCの決勝ラウンドも楽しみですが、そろそろシーズンを迎えるお花見も楽しみです。侍ジャパンの監督もお花見の幹事も、メンバーの気持ちをひとつにまとめて、グイグイ引っ張っていくのが役割という点では同じ。今をときめく小久保監督の采配や生き方から、お花見の幹事の心得を学んでみましょう。

 野球の試合もお花見も、筋書きのないドラマです。どの回はどの投手で、どこで誰を代打に出してなんて計画したところで、ぜんぜん思い通りにはいきません。小久保監督の采配は、選手の起用方法に一貫性がない、思い付きでやっているように見えるという声もあります。しかし、今までの試合ではそれがいい結果を生みました。

 お花見も、ビールやおつまみが途中で足りなくなったり、人数が集まり過ぎてスペースが手狭になったりなど、不測の事態の連続です。「ビールはあるだけで我慢してほかの酒を飲め」「人数に合わせて場所取りしてるんだから、急に来るな」などと、あらかじめ決めたとおりに進めようとしたら、たちまちギクシャクした雰囲気になるでしょう。

 キューバ戦で打撃好調の小林を引っ込めて内川を代打に送ったように、イスラエル戦で千賀をいきなり先発で起用したように、お花見という戦いで見事な勝利を収めるために必要なのは、臨機応変の対処です。話の輪にいまいち入り込めずにいる年長者を呼んで、「ここは君しかいない」とおだてつつ、ビールを買いに走ってもらいましょう。本人もきっと「ここは勝負どころだな」と意気に感じて、いい働きをしてくれるはずです。

 また小久保監督は、2月に行なわれた宮崎での強化合宿で「全員が納得することはあり得ない。そういう中で最後の勝利だけが、みんなを救える」と語ったとか。お花見もしかり。誰もが話したい相手とじっくり話せて、ほどよく酔っ払い、桜もじっくり満喫できるなんてことはあり得ません。よく知らない相手と無理に話を合わせたり、飲み過ぎたヤツにからまれたり、肝心の桜が見づらい位置に座る羽目になったりという事態が付きものです。

 小久保監督を見習って、お花見の場での幹事も「全員が納得することはあり得ない」と腹をくくって、デンと構えましょう。多少の不公平や不満そうな様子は見て見ないフリして、とにかく全体が「何となく盛り上がっているような雰囲気」になるように持っていくのが、幹事のもっとも大切な役割です。終わり良ければすべて良し。撤収のときに大きな声で「いやあ、楽しかった!」と発すれば、きっと何人かは同意してくれて、参加者のあいだに「ああ、いいお花見だった」という気運が広がるでしょう。

 見て見ないフリをするといっても、参加者のことを気にかけないという意味ではありません。チームの中心となっている中田は、小久保監督が3月11日の全体ミーティングで、いきなり「今日は菊池の誕生日。おめでとう」と手を叩いたことに深く感動したとか。「周りを思わない人が監督だったら、誰も付いていかない」とも言っています。

 お花見の幹事も、その日や近い日が誕生日の人を調べておいて、いきなり全員に乾杯を呼びかけるぐらいのことはしたいところ。差し入れのお酒を開けたり料理を配ったりするときは、「○○さんが買ってきてくれたお酒です!」「○○さん手作りのローストビーフです!」などと宣言しましょう。節目節目で「ちゃんと気づかっている」というイメージを漂わせることができたら、あとは流れにまかせておけば問題ありません。

 ただ、どれだけ事前に心の準備をしても、お花見の成否を左右するのは、結局のところ当日のお天気です。野球だって、監督がどれだけ事前にがんばっても、選手の調子や勝負の運はフタを開けてみるまでわかりません。しかし、どうなったにせよすべての責任を背負わざるを得ないのが、監督や幹事の宿命です。

 お花見当日、やたら寒かったり風が強かったりして参加者に不満そうな顔をされたら、「申し訳ない! すべて俺の責任だ」と頭を下げまくりましょう。べつに幹事のせいじゃないのはみんなわかっているので、激しく責める人はいないし、むしろ「なんてよくできた人だ」と尊敬を集めることができます。そこは日本代表チームの監督とは事情が違いますが、こっそり「日本代表チームの監督気分」を味わうのもオツなもの。

 そんな感じで、WBC決勝ラウンドの応援もお花見も、大いに楽しみましょう。侍ジャパンが見事に優勝してくれたら、今年の桜は一段ときれいに見えるだろうし、もし残念な結果だったとしても、散りゆく桜と重ねながら味わい深い花見酒が飲めます。スポーツも桜も、つくづくありがたいですね。

【関連記事】
青森県・弘前公園 わずかな期間しか見られない「桜の絨毯」
染井吉野の生い立ちや桜の開花する仕組など桜について知る本
26歳OL「花見宴会芸に“ラブ注入”はもう飽きたっつーの」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。