体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一歳半の息子、突然の夜泣き再開! 毎晩、夫と二人でオロオロ、フラフラの寝かしつけ

f:id:akasuguedi:20170319163700j:plain

困った、困った!

生後7か月から夜通し寝ていた息子ですが、1歳半のここにきて、夜泣きが始まったのです。

私と主人が眠りにつこうとする23時半頃。息子の部屋から、泣き声が聞こえたので、主人と息子の様子を見に行きました。(オランダでは、小さいうちから子供は自分の部屋で寝かせます)

最初は寝るときの必需品「おしゃぶり」が見つからないのかと思いました。この場合、おしゃぶりを口に持っていけば泣きやみます。

ところが今回は、おしゃぶりじゃないのです。だって、口におしゃぶりをくわえて泣いているのですから。

今までにない状況に「ん?なんで泣いてるの?」と理解できません。 関連記事:1歳代で始まった!お風呂で寝室で…大泣きの毎日。今日も始まるイヤイヤの夜

息子は寝ぼけているようにも見えますが、「ママ―、ママ―、イタイー」と言いながら泣いています。熱はないし、どこが痛いのか全然わかりません。

「どこが痛いの?」と聞いても同じことを繰り返すばかりです。

とりあえず、寝るときに使っている寝袋を脱がせ、息子のおむつを取り替えました。すると「ミジュ(水)」と言うので、水を飲ませました。

ごくごく飲んだので、「のどが渇いていたのかな」と思いました。

水も飲んだことだし、寝るでしょうと、息子をベッドに入れるとギャン泣きです。

「ママー、ママ―」と狂ったように大声で叫び、声がかすれるほどのすごい泣き方。

生後6か月までは夜泣くこともありましたが、もう一年前のこと。あの時の、辛くて大変だったことは記憶の彼方に消え去っています。

今回の夜泣きが一年前と違うのは、泣き声の大きさ。声量があるので、抱っこをすれば、耳をつんざくような音。主人は「隣の人も起きちゃうよ」と言って心配していました。

隣人に迷惑なのは、百も承知。「うるさい!そんなことより、泣きやませるのが先っ!」と主人を一喝し、イライラする私。

「ママ―、だっとー(抱っこ)」と言うので、私が抱っこすれば、「パパー、だっとー」と言うし、パパが抱っこすれば、ママに戻りたがる。

自分の意志を言葉で伝えられるようになった息子だけど、何をしてほしいのか、全くわかりません。

私に抱っこされて、息子が落ち着きだした頃、主人がいきなり「ゆりかごのうた」を歌いだしました。

息子が小さかった時、よく歌ってあげて、これで寝ることもありました。主人はよかれと思って、歌ったのだと思いますが、完全に逆効果!

静かになってきた息子のお目目は、ぱっちり開き、最初からやり直しです!

私は鬼の形相で「余計なことしないでっ!」と、主人に怒りました。イライラMAXです。

「ごめんなさい」と言って、息子の部屋の隅にたたずむ主人。

主人は息子が大好きで、いろいろ手伝ってくれますが、間が悪いというか、そのタイミングでそれしないでしょう、というようなことをします。それでも、息子のために起きているのはえらいと思います。

そうこうしているうちに、午前2時。息子はまだ寝ません。夫婦そろってクタクタです。

ついに、主人は「明日は仕事があるから、もう寝てもいい?」と聞いてきました。

私も、一日中ずっと息子の面倒を見ています。就業時間は9時から17時まで、というわけもなく、ずっと。

育児は体力勝負なので、夜はゆっくり休まないと私も体力が持たないのは同じ。主人の訴え、却下。

主人と一緒にフラフラになりながら、面倒を見て、息子はやっと午前3時に就寝。

息子は翌朝何事もなかったように、いつも通り朝7時半に起床しました。はぁー(ため息)。

翌日、隣人と会った時に「〇〇(息子の名前)、どうしたの?泣いてたみたいだけど」と言われました。「よくわからないけど、突然泣き始めていろいろやったけど泣きやまなくて大変だったの」とだけ伝えておきましたが、隣の家にまで響くような大声で泣いていたとは。

そんな夜泣きが週に1、2回起きて、精神的にも疲れてしまったので、1歳半検診で保健士さんに相談しました。

保健士さんは「きっとそういう時期なのでしょう。夜泣きしたときに、必要以上に報酬を与えないことです。報酬があれば、夜に泣くといいことがあると思って、また泣くから」とアドバイスをもらいました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。