体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心も体もあたたまる豚汁を鍋いっぱい作って毎日食べよう

f:id:uralatokyo:20170220184125j:plain

みそ汁よりも具が多いというだけで、同じ「みそ」の「汁」でも特別扱いの豚汁。野菜もたっぷり取れて食物繊維も豊富、しかも肉まで入っているし。ほうとうを作ったときも思ったんですが、「肉と野菜を煮込む」料理というのは、しみじみおいしいですね。それに具だくさんだから、汁ものというよりも食べるみそ汁、主菜としても成立します。

www.hotpepper.jp

そこで豚汁を自宅にある一番大きな鍋いっぱいに作り、朝食として1杯分だけ電子レンジで温めて飲む、夕食に弁当を買って帰ったら汁物として添えるなどして、毎日食べようではありませんか。インスタントみそ汁や粉末スープを飲むより、確実にいろんなものが満たされると思いますし、独身男性の偏りがちな食生活の改善にも一役買ってくれるはずです。

f:id:uralatokyo:20170220184148j:plain

材料はこちら(22L鍋満タン分) 豚ばら肉 200g 大根 1/2本 にんじん 1本 こんにゃく 1個 油揚げ 2枚(入れなくてもOK) 下ゆで野菜 ささがきごぼう 200g 下ゆで野菜 里芋 170g

ごぼうと里芋は下準備が大変なので、皮むき、下ゆで、アク抜き処理が施されたものを買いました。使うのは初めてなので、味にどのような影響があるかは作ってみなければわかりません。ささがきはかなり薄めにスライスされています。

f:id:uralatokyo:20170220184203j:plain

にんじんと大根はいちょう切り、こんにゃくは厚さを1/2にしてから短冊切りに。よく「こんにゃくは下ゆでしておく」とありますが、面倒なのでしません。下ゆでしなかったことで後悔する出来栄えになったことも、一度もありません。

豚ばら肉はお好みの大きさに、油揚げは大きめにカット。小さすぎるとぼろぼろに分解してしまいます。

f:id:uralatokyo:20170220184225j:plain

まずは鍋に適量のごま油を入れ、豚ばら肉を炒めます。

f:id:uralatokyo:20170220184245j:plain

だいたい火が通ったら、その上に刻んだ具材をすべて投入。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。