ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥、甘え言葉でハリーをメロメロに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

乃木坂46齋藤飛鳥、甘え言葉でハリーをメロメロに?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

3月18日(土)のオンエアは、まずはリスナーからの質問を紹介。

リスナーから「『いつも応援しているよ』を英語で知りたい」という質問をいただきました。しかも、台湾から日本語での番組への応援メッセージと言うことでハリーも齋藤もとても喜んでいました。

「いつも応援してます」を英語で表現するときは、「いつも一緒だよ」という意味で次の表現を用います。

「I’m always with you.」(あなたを応援しています)

また、次の表現を使ってもOKとのこと。

「I’m always behind you.」(あなたを後ろから支えています)

オンエア後半は、このコーナーで1年間学んだことを振り返る「抜き打ちテスト」の3回目。齋藤のこれまでの正解率は100%と絶好調です。

今週のテストでは、次の表現を振り返りました。

「Do you want to hang out?」(今度一緒にどこか行かない?)
「I’ve got butterflies.」(すごく緊張しています)
「What do you fancy?」(ねえ、何が欲しいの?)

齋藤は1問目、「Do you want to take me out?」と答えましたが、これは女子が“甘え気味”に言う場合の表現としてはOKだとか。この言葉にハリーは、「これを言われたら、メンズはドキドキどころじゃない」と興奮気味。「私のことをどこか連れてってくれない?」という意味なのだとか。

また、ハリーが齋藤に「What do you fancy?」(何が欲しい?)と質問すると「メチャメチャうるさい目覚まし時計」と回答。ハリーは「ウザ杉山コールはどう?」と提案すると「起きないと駄目ですけど…朝からイライラはしたくないですね」といつもの調子で拒否(笑)。

ここまで抜き打ちテストをパーフェクトで答えた齋藤。いよいよ来週は結果発表。ということで来週もお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。