ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【なぜ?】英語が苦手な日本人が減らない理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ビジネスのグローバル化が進み、あらためて英語のニーズが高まっています。エン・ジャパン株式会社が運営する求人サイト「エンバイト」が1月27日、「2017年に身につけたいスキル」に関して20~40代にアンケート調査を行ったところ、回答者のうち50%以上が「英語などの語学力」を挙げました。

 


ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き 2017年4月号
Fujisan.co.jpより

実際、企業でも、英語の社内公用語化や昇進昇格の条件にTOEICのスコアアップを課すなど、英語を重視しているところは多く、その傾向はこれからますます強くなっていくでしょう。とはいえ、これまでも英語の必要性が論じられ、その都度注目されてきているのに、なぜ多くの日本人が英語を苦手とするのでしょうか?

 

言葉の構造の違いに大きな落とし穴があった?

よく日本の英語教育の遅れが指摘されますが、より根本的な問題として、「言葉」の構造に大きな原因があります。たとえば、日本語で、「私はご飯を食べる」と言う場合、「主語→目的語→述語」の順番に話そうとしますが、英語は「I eat the rice」と「主語→述語→目的語」の順番で話します。

 

つまり、日本人が英語でコミュニケーションを取ろうとする場合、どうしても、(「私はご飯を食べる」と言いたい……。だから、英語だと……「I eat the rice」だ!)と考え、文法を組み替え直す必要が出てきてしまうのです。先のような「私はご飯を食べる」という短い文章であれば、この結論に行きつくのに、あまり時間はかかりませんが、これが長文だと、頭の中で組み替える必要があるため、結論までに多くの時間を要します。

 

これではいつまでたっても、スムーズなコミュニケーションはできません。

 

英語を使う機会が極めて少ない

 

また、「言葉の構造の違い」をクリアしても、さらなる壁が立ちはだかります。

 

それが英語を使う機会の少なさです。たとえば、想像してみてほしいのですが、もし、あなたの近所に外国人がいて、英語を話す機会があれば、たとえ拙い英語力だとしても、必死に話そうと努力するでしょう。外国人の恋人ができたら、英語を必死に勉強して、結果、英語を話せるようになったというのは、よくある話です。

 

ですが、実際のところ、身近に外国人がいる機会はそうそう多くありません。

 

もし、外国人と英語でコミュニケーションをしようとすれば、英会話教室に行ったり、外国人の友達を作ったりするなど、積極的に動くしかありません。少なくとも受け身で英語を話す機会は皆無といえるほど、日本は英語を使う機会に恵まれていないのです。

 

「英語力を磨きたければ、留学やワーキングホリデーがいい」、というのはそのためなのです。とはいえ、近年はネット環境の充実によって、“内向き”で英語を勉強できるケースも増えてきました。たとえば、「スカイプ」を使って、パソコン越しに英語を学習する人も少なくないといいます。

 

これから英語の需要が高まることは間違いないとされているので、もし、英語の力を積極的に伸ばしたいという人がいれば、まずは「言語の構造の違い」を理解し、「英語を使う機会を増やす」ことが、英語力向上のいちばんの近道といえるのではないでしょうか。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。