ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疑惑後もイベントに顔を出す昭恵夫人 姑・洋子さんもショック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《一般社団法人スーパネスンスアカデミック 名誉会長》、《ミャンマー祭り実行委員会 名誉会長》、《NPO法人英田上山棚田団 名誉顧問》、《80年代スキー復活実行委員会 名誉会長》

 これは安倍昭恵首相夫人(62才)が務めている“名誉職”のほんの一部。頼まれたら断れない性格なのか、その数はなんと30にも膨れあがっているという。

「日程が合えば行きたいということは申し上げた」

 安倍晋三首相(62才)は3月13日の国会答弁で、昭恵さんに誘われて「森友学園」(大阪市)で講演することも検討していたことを明かした。

 3月に入ってから新聞やニュース番組、ワイドショーで見ない日はない森友学園スキャンダル。昭恵さんが新設予定だった小学校の名誉校長を引き受けていた上に、幼稚園児に「安倍首相がんばれ! 安保法制、国会通過よかったです」と宣誓させる学園だったことから、小学校用地の不正取得に安倍首相や昭恵さんがかかわったのではないかと怪しまれている。

「首相は国会で『(妻は)報酬も講演料も一切受け取っていない』と断言していましたが、幼稚園のPTA収支報告書には2015年9月5日に『首相夫人安倍昭恵』に40万円を支払った旨が書かれています。昭恵さんが幼稚園で講演して、小学校の名誉校長に就任した日です。誰がどう見ても、何らかの報酬が支払われたとしか思えません。全国で引っ張りだこになっている講演会の一部では、報酬を受け取っていることが明らかになっています。“総理夫人”の肩書で報酬を得れば問題です。政権へのダメージにもなりかねません」(全国紙政治部記者)

 だが、当の昭恵さんはというと、どこ吹く風。相変わらず各地のイベントなどに顔を出している。国会が炎上した3月3日から2泊3日で蔵王温泉スキー場(山形)にいた。名誉会長を務める「第3回私をスキーに連れて行かなくても行くわよ2017」というイベントに参加するためだ。3月7日はジェンダー関連の集会にゲスト登壇すると、

「なんでこんなに注目を集めてしまっているのか、すごく戸惑っている」

 と発言。一連の問題に戸惑っているのは国民の方だし、彼女の破天荒ぶりに本当に頭を抱えてしまっているのは彼女の家族に他ならない。

「まずは安倍首相です。周囲には“おれは知らなかった。なんで勝手に小学校の名誉校長を引き受けるなんてことをしたんだ”とこぼしています。誰よりもショックを受けているのは、安倍家という名門政治家一族を束ねている洋子さんではないでしょうか」(安倍首相に近い政界関係者)

 安倍首相の父・安倍晋太郎氏は通産相、外務相などを歴任。その妻で、安倍首相の母親である洋子さん(88才)の父親は、「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元首相である。政治家一族の歴史を見守り続けてきた洋子さんは「政界のゴッドマザー」と呼ばれている。

「洋子さんは跡取り候補の男子を3人産みましたからね。長男の寛信氏は商社マンで成功し、次男の晋三氏は首相になった。三男の信夫氏は生まれてすぐに実家の岸家に養子に出て、現在は代議士です。それに息子たちを名家の子女としっかりと結婚させているあたりも洋子さんの腕力。長男夫人はウシオ電機会長の娘・幸子さんで、昭恵さんは森永製菓創業家の長女。三男の智香子夫人の母方の実家は別府の有名老舗旅館です。実は、安倍家の男たちはみんなお酒をほとんど飲まない下戸。でも、夫人たちはけっこう飲めるんです。政治の表に出るのは男性ですが、馬力のある女性陣が一族を支えています」(前出・政界関係者)

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号

【関連記事】
焼きそば作り得意と豪語の安倍首相 手際よかったと記者証言
安倍首相が結婚式のスピーチでドッと沸かせる得意のフレーズ
安倍氏訪米中に昭恵夫人が中国大使館で夫人外交展開していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。