ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫のモテ話に妻「怒ってもいないし、ホントにどうでもいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 過去のモテ話自慢ほどつまらないものはないが、それを夫にされたものなら、妻としては本当に最悪な気分となるだろう。茨城県に住む女性Nさん(50才)は、工務店勤務の夫(50才)のどうでもいいモテ話に困ってしまったという。

 * * *
 夫のもとに数十年ぶりに、中学の同窓会のお知らせが届いたの。

「行ってくれば」と言うと、「おれさ~、かなりモテてたんだよな~。それで今はちょっとイケてないじゃん? おれのこと、好きだった女子たちに悪いかな~」と言って、太鼓腹をさすっているんだわ。

 冗談だと思って笑ったらムキになって、「ほんとだって。ほんとにおれのこと好きだった女子が、同学年に2人。いっこ下に最低3人はいたんだぞ」と必死の説明よ。

 それでも「あ、そ」と、取り合わないでいると、「お前はおれの価値がわかんないだ」とぷんぷん。

 その夜、ベロベロに酔っぱらって、「おれだよ、おれ…。こら、やめろ。そんなとこ、触るなよ。女房と話してるんだから」と電話してきたの。

 呆れて電話を切ったらすぐにまたかかってきて、「怒ったのか? 誤解、誤解だって。駅の横のスナックで飲んでいるだけだよ」と。

「だからぁ、私は怒ってもいないし、あんたに女ができてもできなくても、どうでもいいの」と、もうちょっとで言いそうだったわ。

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号

【関連記事】
女教師に居残りさせられた男「俺と2人きりになりたかった」
クワガタ幼虫を家で数百匹飼育の夫に妻「私とどっちが大事?」
風呂場でうどんすする女性「これがホントの釜あげうどん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。