ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進撃の侍ジャパン メジャーの高評価は千賀、次いで筒香

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 快進撃を続ける侍ジャパン、最も評価が高いのは誰か。MLBアナリストの古内義明氏がレポートする。

 * * *
 ワールドベースボールクラシック(WBC)が開幕し、日本中を熱狂させている。テレビ視聴率は20%を超え、ドル箱カードの連続。開幕から6連勝と破竹の勢いで、アメリカでの準決勝に4大会連続で進出を決めた。主催するMLB機構も笑いが止まらないだろう。

 WBC開催の表向きの理由は、野球の国際化だが、メジャーの本音は、「選手の見本市」である。これまで、WBCからの「黄金ルート」でメジャー移籍した顔ぶれは過去、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太と、日本のエースばかりだ。

 今大会もメジャーのスカウトが東京ドームから熱視線を送ったが、これまでのような高揚感はあまりない。最大の注目だった日本ハムの大谷翔平が不参加を表明し、トーンダウンは否めないからだ。もっとも、「大谷ロス」があっても、ポスティングシステムや海外フリーエージェントの際にチームが投資するだけの価値のある選手がいるかどうか、確認に余念はなかった。

「世界一奪還」を掲げる小久保ジャパンの雌雄を決する決戦前に、数々の名選手を発掘してきた旧知のメジャーのスカウトたちが侍戦士をどう分析しているか、彼らの声をもとに紹介したい。

 まずは野手。再三に渡って日本のピンチを救っている広島の菊池涼介(26歳)。セ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を4年連続受賞している職人は、MLB公式サイトも「ファンタスティック・プレー!」と取り上げられている。天然芝のマツダスタジアムでプレーする菊池は確かに守備のスペシャリストだが、先輩内野手の苦難が影を落としている。

 過去、松井稼頭央、中島裕之、西岡剛という日本代表の内野手が海を渡ったが、成功と言うには程遠かった。やはりまだまだ内野手に対するアレルギーは抜け切れていない。「天然芝のバウンドに対応できず、さらに2塁ベース上のクロスプレーに難あり」というレッテルを払しょくするのは難しそうだ。さらに、2年連続トリプルスリーという看板を引っ下げるヤクルトの山田哲人(24歳)も、「そこそこ打てるかもしれないが、守るところがないだろう」と手厳しい。

 日本の左右の大砲の日本ハムの中田翔(27歳)とDeNAの筒香嘉智(25歳)はどうだろうか。侍ジャパン史上初となる3試合連続本塁打の中田だが、「打率の低さが気になる」「あの大振りでメジャーの動くボールに対応できるか」と、大砲の多い1塁手での競争に打ち勝てるかについては、ベテラン・スカウトは疑問符をつけていた。それに比べて、筒香は、「チーム打撃ができる」「本塁打より打点を稼げるタイプ」と、外野手として一定の評価があった。メジャー志向という筒香には、時が来れば、挙手する球団がありそうだ。

 1995年の野茂英雄の衝撃以降、やはり、投手への高い評価は変わらない。「イワクマのように変化球を操る」ロッテの石川歩(28歳)、「メジャーには稀なサブマリン」の牧田和久(32歳)。「ミニ・タナカ」と呼ばれる則本昴大(26歳)などの名前が挙がった。

 そんな中、最も高評価を集めたのが、千賀滉大(24歳)だ。186センチから投げ下ろす156キロのフォーシームと、「お化けフォーク」と形容されるフォークボールは、絶賛の嵐。「メジャーリーガーが縦の変化に弱いのは、古くはササキ、いまはウエハラが証明している」と、日本人投手をよく知るスカウトは鼻息が荒い。若干24歳と若い千賀。身体もまだまだ大きくなるし、伸びシロを感じる好素材は、今回の侍ジャパンで「最高評価」を獲得していた。

 侍戦士の平均年齢は、過去最年少となる27.71歳。今大会経由で、すぐにメジャー移籍するような選手はいないが、近い将来、筒香と千賀がメジャー移籍となれば、「WBC黄金ルート」が復活することになる。ロブ・マンフレッド・コミッショナーは在任中のWBC継続を明言しているが、「NPBからMLB」は、大会存続にとって大きな後押しになるに違いない。

【関連記事】
メジャー優勝期待された松山英樹 メンタル面切り替えに課題
中島裕之、川崎宗則、青木宣親ら今年の海外挑戦野手に低評価
日本人野手がメジャーで活躍できないのは日米試合日程の差か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。