体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新しい選択肢】市販のとんかつを使って自宅でかつ丼を作る

f:id:uralatokyo:20170220185554j:plain

多くの人に愛されるかつ丼ですが、厚みのある肉を使うだけに、ワンコインで食べられるようなお店はそう多くないし(安いお店はとんかつのボリュームがそれなり)、専門店ではさらに値段も張ります。

お弁当として売られているかつ丼も、こんな感じです。

f:id:uralatokyo:20170220185627j:plain

あくまでも一例ですが、これは四元豚を使用した「かつ重」で538円でした。ちょっとサイズ感がわかりにくいので計ってみましたよ。

買ってきた「かつ重」

容器を除いた総重量 417g かつ 135g ご飯 218g 玉ねぎ、卵など 64g

とんかつもご飯も汁を吸った重量ですから、とんかつは実質100g程度なんじゃないでしょうか。100gって決して少ない量ではありませんが、なんというかこれに500円以上払うのはビジュアル面も含め、ちょっと面白くない気分です。

そこで毎度手抜きレシピですが、市販のとんかつを買ってきて、家でかつ丼作ってみましょう。

自宅でとんかつを揚げるところからチャレンジするのはハードル高いし、なにより面倒くさいです。すみませんね、面倒くさいことを迷わず避けるタイプで。でもとんかつさえあれば、あとは玉ねぎと卵に共同作業させるだけ。これならスキップで越えられるハードルです。

さて、買ってきましたよ。ロースかつとヒレかつ、1枚ずつです。

f:id:uralatokyo:20170220185732j:plain

ちなみにかつ重を買ったのと同じお店です。左がロースかつ 181g、右がヒレかつ 116g、いずれも429円。

この時点で気づきました。「かつ重」と同じ四元豚のロースかつ、こっちのほうが断然大きい! お弁当はサイズ縮小されているのですね。発見です。

f:id:uralatokyo:20170220185851j:plain

材料(1人分) 市販のロースかつまたはヒレかつ 1枚 玉ねぎ 1/4個 卵 2個 ご飯 適量

[煮汁] だし 200cc(お湯に顆粒だしの素小さじ1/2でOK) しょうゆ 大さじ2 砂糖 大さじ1(甘めが好きな人は大さじ1と1/2~2で) みりん 大さじ1

玉ねぎは1/2個使いたかったのですが、実際に切ってみたらとんかつが負けそうな量になってしまったので、半分にしました。玉ねぎ好きな人は好きなだけ加えてください。なお、直径20センチ以下のフライパンが作りやすいです。

では作っていきます。

f:id:uralatokyo:20170220185943j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会