体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うららかな春のティータイムにおすすめ♡フォトジェニックな「桜スイーツ」10選

sub7日本の春の代名詞といえば桜。

開花が待ち遠しいのはもちろんですが、桜をテーマにしたスイーツもこの時期ならではの楽しみですよね。

そこで今回は、選りすぐりの“桜スイーツ”をご紹介します!

・パティスリー キハチ

kihachimain

パティスリー キハチ」の桜をイメージした新作スイーツは2種類。

ほんのり桜色が春らしい「モンブランSAKURA」(584円)は、まろやかな白あんミルクムースの上に、ほんのり桜が香るバタークリームをたっぷり絞った春色のモンブランです。

白あんミルクムースの中には梅と苺のジュレ、土台には刻んだ桜の葉を混ぜ込んだという桜づくしがたまりません♡

kihachi

また、「ベリーヌSAKURA」(562円)は、ピスタチオのムースやチェリームース、刻んだ桜の花を入れた桜のジュレ、ハチミツがほんのり香る白ワインジュレが層になった一品。

満開の桜の木を贅沢に再現しています。

奥深い味わいと、淡いピンクの色合いに癒されそうですね♡

提供期間:4月25日(火)まで

パティスリー キハチ
http://www.kihachi.jp/patisserie/

・資生堂パーラー銀座本店

main

銀座の老舗、資生堂パーラーの銀座本店サロン・ド・カフェで味わえるのは、春爛漫のデザートプレート「さくらのミルフィーユ仕立て~華麗な銀座の春一輪~」(コーヒーまたは紅茶付、 1980円)。

桜が香る苺クリームとカスタードクリームを合わせた苺ムースに、ラングドシャの花びらや福岡県産の苺“やよい姫”を飾り、あでやかな桜を演出した一皿です。

資生堂パーラー伝統のバニラアイスクリームとともに味わえば、ウットリ至福のひと時がもたらされるはず。

フォトジェニック度抜群のデザートをぜひ楽しんで♡

sub1

提供期間:3月31日(金)まで

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ
http://parlour.shiseido.co.jp?rt_pr=pl13

・パレスホテル東京

奥)さくら 手前)さくらまかろん 右)ペタル

パレスホテル東京のペストリーショップ「Sweets & Deli」の桜スイーツは、品のある味わいと美しいデザインが魅力的。

さくら」(680円)は、 桜色のマカロンにたっぷりのベリー、桜餡とフランボワーズの 2 種類のクリームをサンドし、春の味覚を贅沢に 詰め込んだスイーツです。

壱ノ壱ノ壱-桜
1 2 3次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。