体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安産しか想像していなかったけど…破水、初熱、緊急帝王切開。盛りだくさんすぎる初産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

産後に病院でのカウンセリングで、出産についてどう思いますか?と聞かれ、感動と壮絶な戦いと答えました。でも感動の方が9割ほど占めていました。

私は出産前、安産しか想像していませんでした。普通に陣痛がきて、数時間後には我が子と対面できると。

予定日の2日前に、毎日の日課であった散歩に主人と出かけました。

途中で、太ももあたりが濡れているのに気づき、破水したと思いました。

その時はついにきた!と焦りもなく落ち着いていて、病院に電話してから向かいました。

検査した結果、やはり破水だったのでそのまま入院。

その日は、いつ陣痛が来るのだろう、やっとこの時がきた!と興奮して中々眠れませんでした。

朝方生理痛みたいな痛みで目が覚め、念のため間隔をはかると10分ほどの陣痛が始まりました。

元々生理痛がひどかった私はまだ、『こんなものか』と余裕でしたが、次第に痛みは強くなっていき、昼頃にはご飯も口にできない程痛くなってきました。

『順調に陣痛もきているから、このまま夜には産まれるかな』と、助産師さんに言われ、家族も私もよし!頑張ろう!と思っていました。

でも順調に陣痛はきていても子宮口は2センチほどしか開いておらず、又、赤ちゃんがママのお腹の方を向いていて出にくくなっていると言われました。

陣痛はきつくなってきているのに、そこからまったく進むことなく、時間だけが過ぎていき、夜になっても子宮口は3センチ程しか開きませんでした。 関連記事:「初産はきついよ」と聞いてはいたけど…丸3日起きっぱなし!所要時間33時間の難産

陣痛が始まって15時間程時間たち、睡眠もあまりとれていない、何も食べていない私はだんだん疲労してきて発熱し、点滴。

さらに、破水していたので感染予防の点滴。また脱水もしていたので点滴。両腕に沢山の管を付け、まだかまだかと時間だけが過ぎていきました。

隣の陣痛室にいた妊婦さんは出産を終えていき、どんどん入れ替わる。又、検診される度に、まだ子宮口は開いてないね。と言われ、1本ずつ心が折れていきました。

陣痛がくるたびに叫ぶようにもなり、痛みで頭をベッドに擦り付けるので、髪の毛も鳥の巣みたいにからまってぐちゃぐちゃになるほど悶えていました。

また順調だった陣痛も次第に弱くなっていき、3分間隔までいったのに、また10分程に戻ってしまいました。

こんな事あるのかと思いましたが、決して弱音だけは吐きませんでした。それを口にしたらもうダメだと思ったので。

本当に長い夜を過ごしました。

次の日の朝の検診でも子宮口は変わらずだったので、促進剤を打つことになりました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会