体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上京一人暮らし調査[6] 購入した家具・家電ランキング! これさえそろえれば大丈夫!

上京一人暮らし調査[6] 購入した家具・家電ランキング! これさえそろえれば大丈夫!

上京して一人暮らしを始める人の応援記事6本シリーズのラストは、新生活準備の予算と購入した家具・家電についてです。引越し費用に加え、部屋を借りる際には敷金・礼金も必要。何かとお金がかかる一人暮らし、抑えられる費用は出来るだけ抑えたいもの。今回は、上京して東京で一人暮らしを経験した男女300人に実際のところを聞いてみました。

まず購入するのは「ベッド・ふとん」。冷蔵庫や電子レンジなど白物家電が続く

新生活をスタートするにあたり、インテリアのポイントになる家具や、快適な生活を送る上での家電などが欲しくなるもの。まずは一人暮らしを経験した人がはじめに何を買ったか聞いてみました。

第1位はベッド・ふとん(68.7%)。僅差で冷蔵庫(67.7%)、電子レンジ(66.7%)、炊飯器(65.0%)、洗濯機(63.3%)と続きます。テレビも必需品のようで、半数以上(57.3%)が初期に購入しています。【画像1】外からの目隠しに必要なカーテンは42.0%と半数以下にとどまった(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】外からの目隠しに必要なカーテンは42.0%と半数以下にとどまった(出典/SUUMOジャーナル編集部)

家電量販店などで売られているシングル新生活・家電パックは、通常、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、炊飯器、電子レンジの5点がセットされていて、ランキングはそれに則った順位とも言えそうです。

ちなみに過去のSUUMOジャーナルの調査で「意外になくても暮らせた家具・家電」1位は「ソファ」、続いて「いす」「食器棚」となっています。ランキングを見ると、初期にそろえる人は少なそう。【画像2】ソファが51.6%と断トツ。2位はいす。一人暮らしの部屋では「座る」ものは必需品ではないようだ(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】ソファが51.6%と断トツ。2位はいす。一人暮らしの部屋では「座る」ものは必需品ではないようだ(出典/SUUMOジャーナル編集部)

家具・家電の購入費用は10万円前後が相場。でも、少しの工夫で費用は抑えられる

では、家具・家電の購入費用がどのくらいかかったかですが、「分からない・覚えていない(33.0%)」人が多かったものの、それを除いた1位は「10万円以上12万円未満」(11.3%)、2位は「8万円以上10万円未満」(10.3%)でした。先に挙げた家電セットは値段もピンキリですが、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機の3点セットで4万円前後、炊飯器・掃除機が加わる5点セットで5万円~10万円かかります。これに、テレビやカーテン、布団などを加えるとこの金額になるのかもしれません。【画像3】家具・家電の初期費用は、10万円前後が一般的なよう(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】家具・家電の初期費用は、10万円前後が一般的なよう(出典/SUUMOジャーナル編集部)

一人暮らしをスタートさせるには、家賃のほかに敷金・礼金がかかり、引越し費用、家具・家電などの生活必需品をそろえる初期費用が必要です。その合計は、40万~60万とも言われていて、なかなか痛い出費です。でも、工夫次第でその費用をぐっと抑えることは可能。家賃は難しいですが、引越し費用(参考:上京一人暮らし調査[5] どうやって引越した? 引越し会社に依頼派は意外と少ない約4割)や、家具・家電などの生活必需品なら節約できそう。

先輩たちは、「最初は必要最低限なものだけで生活」「中古を活用する」などの工夫をしていた

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。