ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15年後には人類の50%が失業する!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

15年後には人類の50%が失業する!?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。3月15日(水)のオンエアでは、経営戦略コンサルタントの鈴木貴博さんをお迎えし、「人工知能時代に生き残る人材」をテーマにお話を伺いました。

急速に進歩と導入が進んでいる人工知能(AI)。AIとロボットの進化によって、今からそれほど遠くない未来に「技術的失業」と呼ばれる大規模な失業が起きることが危惧されています。「単純作業はロボットがやってくれる」「専門的な仕事はAIには難しい」など色々なことが言われていますが、鈴木さんが先日発表した「人工知能時代に到来する雇用の未来」の予測についてお聞きしました。

■第1の予測:「15年後、人類に残される仕事は現場作業だけになります」

「“ディープラーニング”という自己学習能力を身に着けたことで、AIがここ1、2年で急速に賢くなり、人類を超える日が近いと言われています」と鈴木さん。これにより、当初「AIが人間を超えるのは2045年」とされていた予測も早まったそうです。

このことがどう影響するかというと、ものを考える能力はAIに敵わなくなります。さらに、ロボットも進化するので、脳、足、腕は、AIやロボットのほうが優れてしまう。鈴木さんによると、人間に唯一残された“勝てる”能力は、繊細な情報器官である「指」だけになるとか。

「たとえばコンビニの仕事を例に取ると、ダンボールを開き、手にとって棚に置いていく、という一見単純な作業はとても高度で難しく、ロボットにはできないので、人間がやっていくことになるでしょう」(鈴木さん、以下同)

■第2の予測:「上司と部下の関係が逆転します」

「上司は部下に色々な仕事をやらせ、出来上がってきたものを見て判断する仕事ですが、これは人工知能の方が的確にできるため、上司がAIになるのでは」と鈴木さん。なので今後、上司というのは決して安泰の仕事ではなく、むしろ部下のほうが生き残ると予測していました。

■第3の予測:「サラリーマンが若手芸人化します」

これから15年後、「人類の50%が失業する」と言われています。

「仕事の場がなくなってくると、『私を雇ってください!』と部下たちが擦り寄るようになるんです。ポジションが少ない仕事を皆で奪い合う典型的な例が、テレビの仕事を巡るお笑い芸人さんだと思うんですが、私たちも自分アピールをしないといけなくなると思います」

番組では他にも、現在問題になっている物流業界の人手不足や、ドローン導入、自動運転車などにも触れた興味深いお話が続きました。

最後に鈴木さんは、最近気になるものとしてスマートフォンを挙げ、「僕らがスマホを使っているように見えて、実はスマホからしたら人間の方が愚かなんです。これから人間がスマホに使われる未来がやってきます」と断言していました。私たちが「スマホに支配されている時代」はすでに訪れているのかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。