体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Milo Oyamada『A Moment of Youth』Interview

photo Riku Ikeya  model  Milo Oyamada  text&edit Ryoko Kuwahara

photo Riku Ikeya model Milo Oyamada text&edit Ryoko Kuwahara

10代の少年少女4人で作られたZINE『A Moment of Youth』。そのときの、その現場に、オブザーバーではなく当事者としていた者だけにしか撮れない写真が並んだそのZINEは、同世代を中心に反響を呼び起こし、瞬く間にソールドアウト。増刷を重ねるごとに売り切れるという注目度の高さだ。その中心人物である小山田マイロに、ZINEの成り立ちを聞いた。

——ZINEを作り始めたきっかけを教えてください。

Milo「普通の学生をやってたんですけど、モデルをやったりする機会ができて、友だちも増えて。その友だちの写真を撮っていたなかにいいなというものがあったから、なにか形にしたいと思ったのがきっかけです。僕がバイトしているBIG LOVE RECORDSにもたくさんのZINEを置いてあったので、こういうものを作ろうと決めて。ひとりでは内容が物足りない気がしていたときに、RIKU(IKEYA/comme je suisデザイナー)たちと仲良くなったので一緒に作りました」

——内容に関してはメンバーで話し合って決めたんですか?

Milo「Vol.1はこれまでに俺、RIKU、towa、キム・スギョン4人が撮り溜めていた写真からそれぞれがピックアップしたもので構成していて、特に決め事はない。タイトル通り、若者の瞬間を切り取ったものです」

——Youthというタイトルを自分たちでつけてしまうことが新鮮でした。

Milo「僕たちにとっては自然なことでした。一緒に作ったメンバーは同年代だけど、まわりはほとんど年上でいつも『若い』と言われまくっているので、僕たちは若いんだなと(笑)」

——役割分担に関してはどうしているんですか。

Milo「編集はRIKUと二人でやっててーーと言っても編集と言えるほどのことでもないけど(笑)。RIKUはフォトショップを使って編集していて、俺は携帯のアプリで貼り付けて、印刷する紙を選んだり。最終的には俺が他の人から送られてきたものをまとめて、順番をつけて、アプリでまとめて印刷所に送るという感じです。サンプルもなく、一発で作りました」

photo RIku Ikeya  model Milo Oyamada  text&edit Ryoko Kuwahara

photo RIku Ikeya model Milo Oyamada text&edit Ryoko Kuwahara

——出来上がったVol.1を見たときの感想は?

Milo「やったね(笑)。ひとつの区切りとして嬉しかったです。すぐに次はこうしたいというのが出てきたけど」

——反響はいかがでしたか?

Milo「百部作っていたのがすぐに売り切れて驚きました。全部売れるとも思っていなかったし、仲間内で買ってくれるくらいかなと思っていたので」

——自分たちが作ったZINEのなにがそんなに魅力だったのだと思いますか?
Milo「若さ。あとRIKUはファッションや写真をやっていて、俺は音楽、towaはモデル、スギョンは関西で有名な子だし、みんな見事にバラバラで。それがそれぞれの分野に飛び火して伸びていったのかな。購入してくれるのは若い子が多くて、買ってくれた友だちがインスタグラムでアップしてくれて広まってという連鎖もあったし、それぞれの分野にファンでいてくれる同年代の子たちがいるのが要因かもしれません」

——被写体としてはいるけど、モノ作りしている若い子は少ないから目立ちますよね。インスパイアされてZINEを作ってみようという子たちもいました?

Milo「そこまでは僕らにはわからないけど、そういう風になってほしいと思います。ZINEの絵を描いてくれたり、『よかった』という反応はよくSNSで見るんですが、ダメだったという反応がなくて。評判がいいのは嬉しいけど、漠然とした『よかった』だけではなく、細かな指摘や意見も聞きたい」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。