ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アナ・ウィンターの新作ドキュメンタリー。冷徹さよりも情熱を感じたい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

冷徹と思われていても、ファッションへの情熱は本物。

米VOGUE誌の編集長、アナ・ウィンターをイメージだけで語ることはもう十分。それよりも知りたいのは、彼女が何に情熱を傾けているかということ。

アナは、編集長であると同時にメトロポリタン美術館の理事でもある

メトロポリタン美術館の理事でもある
メトロポリタン美術館の理事でもある

Heidiさん(@heidi2101)がシェアした投稿 – 2016 12月 24 2:51午後 PST

ここ数年、増えたファッションのドキュメンタリー映画。

『ファッションが教えてくれること』では、たくさんのスタッフと信頼関係でつながった姿や、ファッションとビジネスとの両立に本気で挑むビジネスウーマンの顔を観ることができます。

そして、2017年4月15日(土)に、新たなアナのドキュメンタリー映画が公開になります。

舞台は、ニューヨークのメトロポリタン美術館。毎年5月の第一月曜日に開催されるメットガラの裏側を描いたのが、『メットガラ ドレスをまとった美術館(原題:The First Monday in May)』。

じつはアナは、米VOGUE誌の編集長であると同時に、メトロポリタン美術館の理事でもあるのです。服飾部門の資金集めのために始めたのが、メットガラでした。

グリッティでは、アメリカでこの映画がリリースされた際にすでにご紹介済みなので、詳細はこちらかからチェックしてみてください。

映画の世界観をイメージした期間限定ストアがオープン

20170318_anna_02.jpgこの映画の公開を記念して、東急百貨店本店で、映画の世界観をイメージした期間限定ストア「IROZA NEWYORK INSPIRATION POP-UP STORE」が、2017年3月29日(水) まで開催中。

映画の舞台であるニューヨーク生まれのアイテムや、セレブリティに愛されるブランドなど、作品の世界観からインスピレーションを受けたアイテムがストアに並んでいます。

20170318_anna_05.png20170318_ann_07.png「ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)」や「Alexander Wang(アレキサンダーワン)」、「Patricia Field(パトリシアフィールド)」、「NOT COMMON SENSE(ノットコモンセンス)」、「HOLLYWOOD MADE(ハリウッドメイド)」、「INARI EYE WEAR(イナリ アイウェア)」など、普段、日本では手に入りにくいアイテムも充実。

映画で紹介されているメットガラは、2015年の展示「China:Through the Looking Glass(鏡越しの中国)」ですが、今年2017年のメットガラには、川久保玲氏が登場するというニュースもありました。

アナの情熱を感じたら、「お洒落ってめんどうくさい…」という気持ちは、吹き飛ぶはず。メットガラ本番の5月1日(月)までには、観ておきたい映画です。

IROZA NEWYORK INSPIRATION POP-UP STORE

日時:〜2017年3月29日(水) 10:00~20:00

場所:東急百貨店本店 1階特設会場(花ワゴン2台)

メットガラ ドレスをまとった美術館

公開日:2017年4月15日(土)

監督:アンドリュー・ロッシ

出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルドほか

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・怖いもの見たさ…。アナ・ウィンターが仕切るファッションイベントの裏側

・快挙! 個性を貫ける人、コム・デ・ギャルソン川久保玲がアナと共演

・NEXT「アナ雪」。観たら歌いたくなる映画『モアナと伝説の海』を観てきました #sponsored

■ あわせて読みたい

・ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY
・人間とは、他人をディスりたがる生き物です。 UNTITLED BY KIKUNO
・MIKITYPEのカリグラフィーかわいい! アディダスの3本線に描かれたレタードファッションが登場
・「言葉はいいから、君の行動を見せてよ」 #ふたりごと
・YOKO FUCHIGAMIは黒のワントーン。お洒落の本質を聞いてきた
・イメージ変わった。着てみたくなるビニール素材の服たち
・ヒール靴、何足持ってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。