ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

新潟、人気“滞在型ワイナリー”で肉も地ビールも…!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新潟、人気“滞在型ワイナリー”で肉も地ビールも…!
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。3月16日(木)のオンエアは春の行楽シーズン前ということで、「グルメも楽しめる、行ってみたいワイナリー」をテーマにお送りしました。

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、3,001名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査を行ったところ、以下のような結果が出ました。

◯行ってみたいワイナリーは?

1位「カーブドッチ・ワイナリー」(新潟県) …30%
“ワイナリーリゾート”として、温泉やスパなどの施設もあり、宿泊もOK! 複数のレストランやベーカリーなどグルメも充実しています。

2位「サンクゼール・ワイナリー」(長野県) …28%
地元の野菜を使った料理や自家製ソーセージ、自家製ジェラートなどをガーデンテラスでカジュアルに楽しめます。

3位「くらむぼんワインのワイナリー」(山梨県) …12%
築130年の日本家屋のワインサロンです。

4位以下は、北アルプスの雄大な景色を望むことができる「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」(長野県) 、大正6年創業の「ワイナリー・サドヤ」(山梨県)、世界中から“奇跡のワイン”として注目されている「ココ・ファーム・ワイナリー」(栃木県) となりました。

番組では1位に輝いた「カーブドッチ・ワイナリー」に注目。こちらのワイナリーは新潟市の海岸沿いにあり、広々とした自然に囲まれています。滞在型のワイナリーで、宿泊施設には温泉も。ワインと共にスパも楽しめます。さらに、ワイナリーツアーの後に、料理とワインのペアリングも楽しめる「ツアー&ワインペアリングランチ」(お一人様5,000円)も人気です。

また、敷地内にある「レストラン薪小屋」は、新潟の古民家とドイツの建築を融合させたダイナミックな空間。地元の越後もち豚を100%使用したハム・ソーセージ工房、コクがあり香りの良いクラフトビールの醸造所もあり、なんとこちらでは自家製ビールもいただけます。

ほかにも、本格フレンチを満喫できるガーデンレストランや、コーヒーと焼きたてのパンの香りに包まれるベーカリー&カフェ、新潟の新鮮な食材を生かした伝統的な和食をいただけるお食事処などもあります。

今は春ワインが続々とリリースされている時期とのことで、2016年のブドウを使った軽やかなワインを試してみるのもいいかもしれませんね。また、4月になると敷地内にたくさんのバラが咲き誇るため、まさに行楽シーズンにピッタリ! 皆さんも足を運んでみては。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。