ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NASA公開の動画に映り込んでいる「移動する不思議な光」は一体なに!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120203space01.jpg

photo by Flickr:Sweetie187
2010年、NASAが突然「地球外生命体の証拠の探索に影響するであろう、宇宙生物学上の発見について、12月2日に記者会見を行う」と発表し、「すわ、宇宙人発見か」と世界中が騒然としたのは、まだ記憶に新しいですよね。
しかしその発表に、かなりの肩すかしをくらった方も多いのでは? なぜなら「地球外生命体の証拠の探索に影響するであろう発見があった」と表現しただけだけにとどめられたからです。つまり「生命体そのものを発見したのではない」という内容だっただけに、「緊急発表するほどのことなのか?」という意見も多数あがりました。
NASAが公式にこのような見識を発表したことは確かに異例で、それだけに重要な発見だとは思うのですが、この「思わせぶりな予告」を行ったことに対しては「NASA予算確保のために話題を盛り上げたかったのではないか」との見方も出たほど。
しかしその一方では、NASAが公開している映像に”未確認飛行物体”が写り込んでいる、と話題にもなっています。
 
動画共有サービス「Ustream」にてNASAが公開した下記の動画には、確かに宇宙を流れるいくつもの物体が写り込んでいます。

この動画に対しては、「国際宇宙ステーションから廃棄された水が凍って、反射光線で光っているだけでは」などの、いわゆる「宇宙ゴミ説」コメントが寄せられています。また「これもNASAの話題作り」と非難するコメントも見受けられました。
確かに……一瞬ドキリとする映像ですが、この動画に写っている物体は、ある一定の距離間と一定の動きが見受けられるので、軌道上にのって公転している宇宙ゴミの可能性が高いかもしれません。
ではこちらの動画はいかがでしょうか。これもまた昨年NASAが公開した動画ですが、この映像には、さきほどのものとは異なり「不規則」な動きを見せる”ある光”がとらえられています。
国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された宇宙空間。その画面下から小さな光がジグザグとした軌道を刻みながら画面上へと移動していく様子が映し出されています。
このジグザグ、いっけんなにげないように見えますが、宇宙規模で見るととんでもなく早く、そして大きい動きです。宇宙ゴミにしてはあまりにも俊敏で複雑ではありませんか?
こんな映像を見ると、昨年末に緊急会見された重大発表になにか含みがあるような気がしてきたのですが、みなさんはいかが思われますでしょうか。
しかし、NASAのスタッフや宇宙飛行士は、こんな映像には慣れっこなのか、動じることなく普通に交信しているのも気になります(笑)。もしや複雑な動きする宇宙ゴミというのがあるのか、それとももしや「UFO」が写り込むことなんて、しょっちゅうなのか……。
(福島はるみ)


(マイスピ)記事関連リンク
「空飛ぶ円盤」の技術が特許取得! UFOの実物完成も近いかも!?
公開前からいろんなところで高評価! 笑って泣ける近未来映画『宇宙人ポール』を見逃すな!?
2014年にプレアデス星人が国連で演説をする!? ついにディスクロージャーか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。