ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

凄腕音楽Pも号泣…「SING」日本語版秘話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

凄腕音楽Pも号泣…「SING」日本語版秘話
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。3月16日(木)のオンエアでは、音楽プロデューサーの蔦谷好位置さんをお迎えして、日本語版音楽プロデュースを務めた映画「SING」の舞台裏を教えていただきました。

蔦谷さんといえばYUKI、Superfly、ゆず、木村カエラ、Chara、JUJUなど多くのアーティストへの楽曲提供やアレンジ、プロデュースでも知られますが、今回はミュージカル映画「SING」の日本語吹き替え版の音楽プロデュースを担当しました。

「ミニオンズ」のスタッフが手がけた本作のハリウッド版は、キャストなども含め超豪華なラインナップで知られており、楽曲も蔦谷さんが「どうやって許諾とったんだ」というくらい凄い数の名曲がずらりと並んでいます。日本語版吹き替えプロデューサーという仕事については、洋楽を日本語にして全てレコーディングする作業で、試写で英語版を見て「英語でこのキーで歌える日本人は4〜5人しかいないだろうな」と思いながらキャスティングしていたそうです。

翻訳は、一緒に仕事をしていたときに「翻訳するのが一番楽しい」と話していた、いしわたり淳治さんが担当。いしわたりさんは3パターンほど翻訳候補を出してくれたそうで、蔦谷さんがアニメーションのリップシンクと言葉の意味、響きをパズルのように合わせて完成させたとか。

自身が学生のときに洋楽ファンだったことから、「僕も学生だったら『なんてことしてくれるんだ』と文句を言っているはず」と蔦谷さん。吹替版に賛否両論があることは分かった上で、本国の作品の気迫や本気度を感じ、「超えるものを作って本国にも喜んでもらおう」という気持ちになり、デモ作りの仮歌から一曲一曲、本国のチェックを取りながら、少しずつ信頼を得る作業が続いたのだそうです。

60曲以上ある中で一番難しかったのが「Don’t You Worry ‘bout A Thing」(スティーヴィー・ワンダー)という蔦谷さん。中には翻訳許諾がアーティストから下りなかった曲もあったため英語で歌うことになり、発音の苦労も。トレンディエンジェルの斎藤司さんがテイラー・スウィフトの「Shake It Off」を英語で、しかもテイラーのキーで歌うという難しい作業だったとか。これは本国と同じく、4度キーを下げて歌を録音してコンピューターでオリジナルのキーに上げる処理で解決した、そんな制作の裏話も教えてくれました。

そして豪華キャストが参加している中でも、山寺宏一さんが「凄かった!」と回想する蔦谷さん。

蔦谷さんは「レコーディングで4年ぶりくらいぶりに泣きましたね、ワンテイク・オッケーというのを久しぶりに体験しました。山寺さんが『My Way』という曲に対してめちゃくちゃ研究して来てくれたんですよ。いろいろな人のカバーを全て聴いて『自分がこの歌を歌う意味とは』とまで考え過ぎてナーバスになるくらいで。超一流の方が仕事に向き合う気持ちも含めてうれしくて、立ち上がって泣いてましたね」と語りました。

映画「SING」は3月17日より全国ロードショー。ぜひ名曲の数々を劇場で楽しんでください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。