ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「エモい」って何? 「エモい」歌い手はこの人

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「エモい」って何? 「エモい」歌い手はこの人
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。3月16日(木)のオンエアでは、Charisma.comのMCいつかさんからの音楽に関する疑問に、亀田が答えました。「Charisma.comは、遊び心満点のラップとサウンドで、日本でしかありえないHIP HOPです」と亀田。そんな、MCいつかさんの疑問は…

「『エモい歌い方』って何ですか? 私は、なかなか”エモい”っていうのが分からず、ラップにも反映しづらいです。ロボットのように歌うことが多いです。教えてくださ〜い!」(MCいつかさん)

この疑問に対して、まずは「ヒントになる曲」として、チャットモンチーの「染まるよ」を紹介しました。

聴きながら「ラストのサビのえっちゃんの歌、エモいですね。転調してスイッチが入るとエモいですね〜! この曲はエモい歌だと思います」と亀田。ちなみに日本語俗語辞書によると「エモい」とは…

「感情・感動といった意味の英語『emotion』を略したものに、形容詞化する接尾語『い』をつけたもので、なんとなく寂しい気持ちや、悲しい気持ちを表すコギャル語である」

とあります。コギャル語だったとは驚きです。「しかし、ミュージシャンが使う『エモい』とは、コギャル語の『エモい』ではなく、情熱、切なさ、物悲しさなど、感情を言葉で伝えきれない気持ち、まさに『抑えきれない感情を爆発させて表現しているパフォーマンス』を『エモい』と呼ぶことが多いと思います」(亀田、以下同)

ここで肝心なのは、ボーカルやサウンドという、パフォーマンスの熱量が「エモい」の尺度になっているということであり、歌詞がどんなに情熱的で、叙情的で、感情を吐露していても、その歌が感情を爆発させて表現されない限り「エモい」とは呼ばれない…とのことでした。

「僕の周りに『エモい人』や『エモくない人』、いろいろなタイプのアーティストがいますが、それは、表現のアウトプットの仕方の違いにしか過ぎず、どっちがいいとか悪いとか、ましてやどっちが伝わるかということでもありません。逆に『エモさ』も度が過ぎると、お腹いっぱいで引かれてしまって、かえって伝わらないこともあると思います」

洋楽のラップでいうならば、ビースティ・ボーイズやエミネム、カニエ・ウェストなんかは「エモいラップ」、チャンス・ザ・ラッパーやケンドリック・ラマーは、温度感低めで「エモい」とは言いませんが感情を揺さぶられる、と亀田。最後に亀田はCharisma.comのラップのスタイルについて…

「いつかさんは『ロボットのよう』とおっしゃっていますが、そのおかげで、言葉がくっきり聞こえたり、お二人のキャラが立ったりして、Charisma.comの世界観にグイグイ引き込まれていく良さがあると思います。良い歌、良いパフォーマンスは感情を揺さぶります。それは、『エモい』という物差しで測るものではないと思いますよ。

もしも、ラップに『エモさ』を反映させるとしたら、ブレス(息継ぎ)や、語尾のニュアンスを強調して、人肌の温度感を一直線に押し出した感情的なラップにすると、聞き手には溢れ出す感情を伝えている、エモい状態で届くかもしれません」とアドレスしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。