ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

超特急・カイ、VIXXの冠バラエティ『プロジェクトVIXX3』に再び出演!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

超特急2号車カイが4月16日、フジテレビNEXT ライブ・プレミアムおよびフジテレビNEXTsmartにて放送される、VIXXの日本初冠バラエティの第3弾『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』に出演することがわかった。
『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』 左から)HYUK(ヒョギ)、RAVI(ラビ)、LEO(レオ)、カイ(超特急2号車)、HONGBIN(ホンビン)、N(エン)、KEN(ケン) (okmusic UP's)
『プロジェクトVIXX』は、楽曲やMVの世界観やコンセプトにこだわり抜くVIXXが、“VIXX星人”という宇宙人に扮し、日本のロケ地を舞台に地球侵略を企てる新感覚SF設定旅番組。

2016年1月31日に第1弾『プロジェクトVIXX~宇宙からの侵略者たち~』を放送、同年7月29日に超特急2号車のカイが案内役として参加した第2弾『プロジェクトVIXX2~宇宙からの侵略者たちリターンズ~』を放送。第1弾、第2弾とも大きな話題となり、次回作への期待が高まっていた。

待ちに待った第3弾となる今回の舞台は名古屋。前作に続き超特急2号車カイが案内人としてVIXXと協力し、時には対決しながらVIXX星人の侵略を盛り上げる。

果たして、VIXX星人は名古屋の街を侵略し、移住計画を成功させることができるのか? 味噌カツや手羽先はVIXX星人の口に合うのか!? 乞うご期待!

また、放送当日は18時から『プロジェクトVIXX~宇宙からの侵略者たち~』、19時から『プロジェクトVIXX2~宇宙からの侵略者たちリターンズ゙~』もあわせて放送。第1弾から今回の第3弾まで一挙に楽しむことができる。

さらに、5月19日(金曜21時~22時30分)に、同チャンネルでVIXXが日本で行なったファンミーティング『2017 ST☆RLIGHT Fan Meeting ~The Milky Way to VIXXT☆R~』がオンエアされる。こちらも併せてチェックしよう。

【VIXX リーダー N(エン) コメント】
今回もしあわせな思い出を作ってかえります。名古屋のいいふうけい、おいしい食べ物、有名な場所もすべてVIXXにいい思い出になりました。そしてカイ君! 今回もカイ君のエネルギーのおかげでたのしくさつえいすることになりました! 本当にありがとうございます! このようにしあわせな思い出がある『プロジェクトVIXX3』、みなさんも一緒にたのしみましょう!

超特急 カイ コメント
『プロジェクトVIXX3』に出演が決定しました!“2″に引き続き番組の進行役として、VIXXの皆さんをナビゲートさせていただきました。すごく楽しい収録で、時間が経つのがあっという間でした。撮影の合間にも皆さんが日本語で積極的に話しかけてくださって、とても嬉しかったです!前回よりもたくさんお話しさせていただいて、明るくて楽しい雰囲気の番組になっていると思いますので是非ご覧になってください!

【メディア情報】
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart        

『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』

4月16日(日)20:00~21:00

出演:VIXX/カイ(超特急2号車)

■番組URL

http://otn.fujitv.co.jp/vixxpro3/

【VIXX関連番組】

フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart

『プロジェクトVIXX~宇宙からの侵略者たち~』

4月16日(日)18:00~19:00

『プロジェクトVIXX2~宇宙からの侵略者たちリターンズ゙~』  

4月16日(日)19:00~20:00

『2017 ST☆RLIGHT Fan Meeting~The Milky Way to VIXXT☆R~』

5月19日(金)21:00~22:30 

『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』 (okmusic UP's)
『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』 (okmusic UP's)
『プロジェクトVIXX3~宇宙からの侵略者たちフォーエヴァー~』 (okmusic UP's)
超特急・カイ (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。