ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アガる曲が揃ったピットブルらしい最新作『クライメート・チェンジ』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アガる曲が揃ったピットブルらしい最新作『クライメート・チェンジ』(Album Review)

 前作『ダーレ』(2015年)以来、およそ2年振り、通算10作目となるスタジオ・アルバム『クライメート・チェンジ』を、2017年3月17日にリリースした、お祭り番長ことピットブル。

 本作からは、2016年4月にリリースした「メッシン・アラウンド」含む計4曲のシングルがリリースされていて、アルバムをリリースしてからシングル・カットすることが多いアメリカでは、異例のプロモーションとなった。

 ゲストが超豪華。大ヒット曲「アイ・ライク・イット」(2010年)など、計4曲でコラボしたエンリケ・イグレシアスや、「オン・ザ・フロア」(2011年)のパートナー、ジェニファー・ロペスをはじめ、フロー・ライダーやタイ・ダラー・サインといった人気ラッパーから、R&Bシンガーのジェイソン・デルーロ、R.ケリー、「ブラード・ラインズ」(2012年)が日本でも大ヒットしたロビン・シックや、「ブリーディング・ラヴ」(2008年)のヒットで知られる歌姫、レオナ・ルイスも参加している。

 また、ブリンク182のドラマー、トラヴィス・バーカーや、エアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリー、ボブ・マーリーの息子、スティーブン・マーリーなど、畑違いのアーティストも参加。ブルゾンちえみの「キャリアウーマン」ネタで大ブレイク中の、オースティン・マホーンもフィーチャーされている。

 「メッシン・アラウンド」や「キャント・ハヴ」などのトラップ・ポップや、がっつりレゲエにチャレンジした「オプションズ」など、これまでのイメージを払拭するようなナンバーもあれば、ピットブルの代名詞でもあるヒップハウス・チューン、「グリーンライト」や「バッド・マン」、「フリーダム」などのお祭りソングも健在。ジャンルは違えど、アガる曲が揃ったピットブルらしいアルバムだ。

 国内盤は、3月29日に発売予定。また、5月には2年ぶりの単独来日公演も決定している。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『クライメート・チェンジ』
ピットブル
2017/3/17 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/SUH21E

関連記事リンク(外部サイト)

ピットブル2年ぶりの来日公演、武道館含む東阪で開催
ピットブル、3/17にニュー・アルバムをリリース
ピットブル、ついに【ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム】入りの日決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。