ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

注目のジュネーブモーターショー2017【コンセプトカー編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲展示面積が広いこともあり、各メーカーとも華麗な演出が施されたブースを展開していた

▲展示面積が広いこともあり、各メーカーとも華麗な演出が施されたブースを展開していた

ジュネーブモーターショーで発表された注目のスタディモデル

自動車生産国ではないものの、金融市場における影響力の大きいスイスで行われるジュネーブモーターショーは、欧州3大自動車ショーのひとつに数え上げられている。2017年は3月7日から19日にかけて開催。各メーカーも気合いの入ったコンセプトモデルを展示。市販を前提にしたものから、夢の車まで注目モデルを紹介する。

▲メルセデス・ベンツの高性能車ブランド、メルセデスAMGのフラッグシップモデル、AMG GTをストレッチして4ドアクーペに仕立てたコンセプトが、AMG GTコンセプトだ。写真ではスマートに見えるかもしれないが、実物は結構グラマラス。市販化も視野に入れたコンセプト

▲メルセデス・ベンツの高性能車ブランド、メルセデスAMGのフラッグシップモデル、AMG GTをストレッチして4ドアクーペに仕立てたコンセプトが、AMG GTコンセプトだ。写真ではスマートに見えるかもしれないが、実物は結構グラマラス。市販化も視野に入れたコンセプト

▲遠くない将来にアウディのSUVラインナップ、Qシリーズの頂点に立つと目されるモデルのコンセプトが、Q8スポーツコンセプトだ。3L V6のTFSIエンジンに、高い回生能力を発揮するマイルドハイブリッドを組み合わせ、高い動力性能と燃費性能を両立させている

▲遠くない将来にアウディのSUVラインナップ、Qシリーズの頂点に立つと目されるモデルのコンセプトが、Q8スポーツコンセプトだ。3L V6のTFSIエンジンに、高い回生能力を発揮するマイルドハイブリッドを組み合わせ、高い動力性能と燃費性能を両立させている

▲ルノーの小型EV、ゾエをベースにカリカリのチューンを施したホッテストハッチといっていいモデルが、ゾエEスポーツだ。世界最高峰のEVレース、「フォーミュラE」の技術が盛り込まれており、最高出力は460ps、最大トルク640N・mを発生。0-100km/h加速3.2秒を実現

▲ルノーの小型EV、ゾエをベースにカリカリのチューンを施したホッテストハッチといっていいモデルが、ゾエEスポーツだ。世界最高峰のEVレース、「フォーミュラE」の技術が盛り込まれており、最高出力は460ps、最大トルク640N・mを発生。0-100km/h加速3.2秒を実現

▲シトロエンが発表したコンパクトSUVのスタディモデルが、Cエアクロスコンセプトだ。C4カクタスから始まった新しいシトロエンのデザイン言語が用いられたエクステリアはポップな色使いも相まって魅力的だった。C4カクタスとの差別化がどのように図られるのか、気になるところだ

▲シトロエンが発表したコンパクトSUVのスタディモデルが、Cエアクロスコンセプトだ。C4カクタスから始まった新しいシトロエンのデザイン言語が用いられたエクステリアはポップな色使いも相まって魅力的だった。C4カクタスとの差別化がどのように図られるのか、気になるところだ

▲トヨタは、「走る楽しさを追求する近未来の都市型モビリティ」をテーマに開発した、ドライバー1+後席2の3シーターEV、i-TRILを発表。パワートレインには、電動モーターを採用し、1回の充電で200km以上走行することが可能だという。未来の都市交通における主役となるか

▲トヨタは、「走る楽しさを追求する近未来の都市型モビリティ」をテーマに開発した、ドライバー1+後席2の3シーターEV、i-TRILを発表。パワートレインには、電動モーターを採用し、1回の充電で200km以上走行することが可能だという。未来の都市交通における主役となるかtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

文中に登場した「逆スーパーカー」の中古車をチェックしてみる
車両本体価格60万円以下、修復歴なしの旧型フォルクスワーゲン クロスポロを探してみる
スバル インプレッサスポーツ(初代)の中古車を探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。