ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

V-Lowマルチメディア放送サービス「i-dio」に浜松エリアも追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

BIC は 3 月 17 日、V-Low マルチメディア放送サービス「i-dio」を静岡県西部の浜松エリアにも拡大したと発表しました。同日より同エリア内での放送が開始されています。i-dio は、地デジ放送の開始に伴い空いた 99 〜 108MHz(VHF1-3 チャンネル)を利用した放送サービス(V-Low マルチメディア放送)のブランド名で、2016 年 3 月より、東京、大阪、福岡の一部エリアで提供されています。また昨年 7 月からはインターネット経由での受信にも対応し、更に名古屋を中心とした東海エリアも追加されました。これまで i-dio は静岡県では名古屋親局と静岡中継局に近い場所では受信できていたのですが、静岡県西部の浜松エリアでは受信することができませんでした。しかし 3 月 17 日に総務省東海総合通信局から放送に関する免許が交付され、V-Low 浜松局の運用が同日より開始し浜松エリアでも i-dio 放送が見られるようになりました。実際に i-dio の電波を受信できる浜松エリアは中区、南区、西区、東区が中心ですが、昨年 7 月より提供を開始したインターネット受信モードを利用すればチューナーなしでも i-dio を見ることができます。Source : BIC

■関連記事
日本通信、3月22日にソフトバンク系MVNOサービスを発売する店舗を公開
Nokia 6グローバルモデルのファームウェア仕様を紹介
Android版「スポナビライブ」がフルHD画質をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。