ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Nokia 6グローバルモデルのファームウェア仕様を紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HMD Global 初の Nokia スマートフォン「Nokia 6(グローバルモデル)」の中身を紹介します。Nokia 6 は Android 7.0 をベースにしたファームウェアを搭載していますが、その中身は基本的に標準仕様に近い Android で、Nexus / Pixel に近いとも言えます。シンプルな Android がお好きな方には好まれる内容です。一部は独自のカスタマイズが施されています。具体的には、システムアプリのアイコンと UI のカラーリング、壁紙、各種オーディオ、カメラアプリ、Motion 機能です。これ以外は標準の Android と同じです。ホームアプリは「Launcher3」の外観をカスタマイズしたものです。スワイプアップでアプリドロワーが表示されます。他のシステム UI はほぼ素の Android と言った感じで、ロケールを強制的に日本語に変更しても、大部分が日本語表示に切り替わります。グローバルモデルなので、Google Play ストアや Google アプリに対応しています。標準アプリのアイコンは Nokia 仕様に刷新されていますが、中身は AOSP 版と同じです。一番変わっていると言えるのはカメラアプリです。機能自体は AOSP 版アプリと変わりませんが,シャッターボタンやモードの変更画面、パラメータの表示位置など、多くの UI がカスタマイズされています。また、Touch Up と呼ばれる撮影モードも追加されています。設定メニューの外観は次の写真をご覧の通り Nexus / Pixel と全く同じです。唯一カスタマイズされた部分とも言える「Motion」セクションでは、端末を伏せて着信を拒否するジェスチャー機能が組み込まれています。

■関連記事
Android版「スポナビライブ」がフルHD画質をサポート
YouTube、注釈ツールの廃止を発表。修了画面と情報カードの使用を推奨
Sony Mobile、Xperia Earの音声プラグイン(アスナ)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。