ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゼロ年代音楽シーンの重要ギタリスト=カシーフが初のオリジナル・アルバムを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゼロ年代音楽シーンの重要ギタリスト=カシーフが初のオリジナル・アルバムを発表

 横浜を拠点とする音楽クルー“Pan Pacific Playa”に所属し、一十三十一、スチャダラパー、(((さらうんど)))など多くのアーティストのサポートを務めてきたシンガー・ソングライター/ギタリスト、カシーフが初のオリジナル・アルバム『ブルーソングス』をリリースする。

 ゲストボーカルに一十三十一、作詞にイルリメこと鴨田潤、マスタリングに砂原良徳を迎え、自身にゆかりのある才能の手を借りながらも、ヴォーカルからトラック・メイキングまでほぼセルフ・プロデュースで制作したという本作。エレクトロニカからネオソウル、シティ・ポップからインディー・フォークまで幅広い背景を内包する仕上がりとなった。また、アートワークは永井博によるカシーフ本人の肖像画が描かれたものとなっている。

 カシーフにとってキャリア初のオリジナル・アルバム『ブルーソングス』は、5月4日に<Billboard Records>よりリリースされる。

◎リリース情報
New Album『ブルーソングス』
2017/05/03 RELEASE
HBRJ-1025 / 2,400円(tax out)

<トラックリスト>
01. Breezing
02. On and On
03. The Night
04. Clean Up
05. Desperate Coffee
06. PPP I Love You (Part2.1)
07. You
08. Neverland
09. Be Colorful
10. BGM
11. PPP I Love You (Part3)

関連記事リンク(外部サイト)

スチャダラパー責任編集の『余談』新シリーズ発売決定
スガ シカオ&自身がヴォーカルを務めるkokua ライブ映像作品を同時リリース
伊藤ゴロー ニューアルバム『捨てられた雲のかたちの』をSONG X JAZZにて先行販売 同作を携えたツアーも決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。