ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

沖仁×J.A.M東名阪ツアー 大阪公演のレポートが到着 J.A.Mからは新ツアーの発表も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
沖仁×J.A.M東名阪ツアー 大阪公演のレポートが到着 J.A.Mからは新ツアーの発表も

 3月15日、ビルボードライブ大阪で、沖仁がJ.A.Mを従えたツアー【沖仁 SPRING TOUR 2017 ~Dialogo~ with special guest J.A.M (piano trio from SOIL&”PIMP”SESSIONS)】を行った。

沖仁×J.A.M ビルボードライブ大阪公演写真(全8枚)

 今回のツアーは沖のデビュー15周年を記念したもので、沖はSOIL&”PIMP”SESSIONSより派生したピアノ・トリオ、J.A.Mと共に、東名阪を回った。

 そんな3月15日、ビルボードライブ大阪でのライブレポートをお届け。

 大きな拍手で迎えられ、冒頭「SPAIN」からスタート。静寂な会場に響き渡るフラメンコギターの音色で、一気に浮世離れな空間へと導く。そこから、Josei(Piano)とのデュオを経て、ソロで「Sakura por Bulerias」を持ってくるあたり、春を感じさせる暖かい時間が流れ始める。

 再びJ.A.Mが登場し、両者はここからが本領発揮とばかりにスパニッシュ音楽とジャズをぶつけ合う。「パトリシアの恋」では切れ味の鋭さと優雅さがあふれる情熱的なメロディーを披露してくれた。

 後半に入り、「アゲアゲタイムに入ります」と沖が煽り、「quiet fire」、「ONCE」と力強く美しいジャズナンバーが放たれていく。不安を微塵も感じさせない繊細なギターフレーズ、遊び心のある安定的なドラムビート、巧みに操るコントラバス、軽快でリリカルな旋律…ヒートアップするメンバーと同様にオーディエンスの高揚が止まらない。

 約70分ほぼ立て続けに演奏し、さらにアンコールでも爽やかに「雨上がりのマーチ」を披露、大満足のステージとなった。

 そして、沖は7月1日に東京・東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアルで【デビュー15周年記念公演 15 -QUINCE-】の開催も決定しており、また、J.A.Mも新しくツアーが決定したことを発表している。

◎沖仁公演情報
【沖仁 SPRING TOUR 2017 ~Dialogo~ with special guest J.A.M (piano trio from SOIL&”PIMP”SESSIONS)】
ビルボードライブ東京
2017年3月8日(水)<終了>
ビルボードライブ大阪
2017年3月15日(水)<終了>
名古屋ブルーノート
2017年3月16日(木)<終了>

【デビュー15周年記念公演 15 -QUINCE-】
東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
2017年7月1日(土)
開場16:00 / 開演17:00
S席 7,000円、A席 5,000円
*税込・全席指定
*未就学児童入場不可
お問い合わせ
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00?18:00)

◎J.A.M公演情報
【J.A.M】
名古屋ブルーノート
2017年6月18日(日)
詳細:http://www.nagoya-bluenote.com/

ビルボードライブ大阪
2017年6月27日(火)
詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

玉置浩二、藤井フミヤら豪華出演者によるポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【billboard classics festival 2017】レポート
伊藤ゴロー ニューアルバム『捨てられた雲のかたちの』をSONG X JAZZにて先行販売 同作を携えたツアーも決定
東儀秀樹やDRUM TAOら出演、和の祭典【AMJ】初のロングラン公演が新潟でまもなく開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。