ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Qualcomm、Snapdragonブランドを単なるプロセッサからプラットフォームに刷新へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米 Qualcomm は 3 月 16 日、同社のモバイルデバイス向けプロセッサ「Snapdragon」の製品ブランドの位置づけをこれまでのプロセッサからプラットフォームへと変更することを発表しました。私達が今使っているスマートフォンの多くは Snapdragon プロセッサを搭載しています。当初、Snapdragon は PC で言うところの単なる CPUといった位置づけでしたが、近年、Snapdragon はサポートする機能の拡大や対応デバイスの拡大によって、単なる CPU 以上の役割を担うようになってきています。。このギャップを埋めるために Snapdragon の呼び方を “プロセッサ” から “プラッとフォーム” に変更し、ブランドの価値を高めようとしているということです。エンドユーザーにとって Snapdragon はこれまで通りチップセットの一つで変わりないのですが、今後、新製品が発表される際にはプロセッサではなくプラットフォームとして紹介されることになります。この変更は今後数ヶ月にわたり実行される見通しです。Source : Qualcomm

■関連記事
Montblanc、Android Wear 2.0を搭載したスマートウォッチ「Summit」を発表
TCL、1万円の「Alcatel PIXI 4」を3月24日に国内発売
Samsung、Galaxy Tab S3を米国で3月24日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。