ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

夢の中で突然始まったカウントダウン 目覚めた瞬間に目の前にあったものとは

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いトリオ「三頭辰」のベーナベさん。余談だが、サンミュージックのお笑い芸人に「怖い話を持っている」人間が多過ぎるのは、先日のサンミュージックの稼ぎ頭のスキャンダルと何か関係があるのだろうか。

SONY DSC

―――相方同様に、心霊現象を体験したとお聞きしました。

あれは確か1年くらい前の話なんですけど、冬の季節、だ寒い2月下旬くらいでした。布団に入って寝たんですけど、朝方ですね、5時か6時くらいなんですけど、いきなり金縛りになったんですよ。金縛りにあいまして、目が開かないんですね。

目が開かない。

でも、目が開かなくて、意識は半分くらいあって「あ、これ金縛りだ」って思って、でもそれは夢の中なのか何なのか、夢の中で金縛りにあってるのか、それともちゃんと起きているのか、そこがまだはっきり分からなかったんですけ、

段々と分かってきたのが、自分が夢の中にいて、周囲が真っ白の世界だったんです。なんていうんですかね、地デジに変わる前のテレビの放送終了後みたいに、ざ~っていう砂嵐みたいな感じになっていて、でも、音もしないんですよ。

―――体が動かない?

体が動かなくて、音がなくて、ざ~ってなってるんです。

それで、いきなり真ん中らへんに数字が浮かんでくるんですよ。「20」って書いてあるんですよね。そこからカウントダウンが始まって「20」「19」「18」。白い数字なんですけど、だんだん0に近づいてくるんですよ。

―――なんか怖いですね。

ちょっと怖いですよね。

15」「14」「13」、「なんだこれ!」「全然止まらねえぞ」みたいな。「やばい、これどうなっちゃうんだ」と思って、そこからもう5秒前くらいになって、怖くなって、「これ0になったらちょっとやばいかな」って、怖さがピークに達した時に目が開いたんですよ。0の5秒前くらいで目が開きまして、目が開いたら、顔の10センチ上くらいに手があったんですよ。

手があって、手首だけなんですね。

手首だけが宙に浮いてて、僕の顔を掴もうとしてたんですよ。

―――誰かの手が?

顔が掴まれそうで、でも、絶対に僕の手じゃないんですよ。
僕の手は身体に貼り付いているので。

その手は0.5秒くらいでパッて消えちゃったんですよ。っていうことがあったんですよね。でも、「それを含めて夢なのかな」って最初は思ったんですけど、カウントダウンの終わる寸前で確実に目が覚めたので、夢じゃないって自覚があるんです。はっきり目が開いて「今のは何だったんだ?」みたい思っているうちに、パッと0.5秒くらいで消えちゃったんですよ。

あとで思ったのは、手首はこう来て顔に近づいてきてて、この親指が下の方にあったんですよね。親指が下の方にあったということは、もしも仮に僕の手だったとしたら、絶対にそんな伸ばし方は出来ないんです。だから、絶対に僕の手ではないんですよ。

あれは何だったのかな」っていうのがあって、「もし、0まで起きなかったら一体どうなってたのかな」っていう………

―――怖いですね。掴まれて、何処へ連れ去られててしまっていたか。

怖いですよね。
多分そのままアイアンクロウされて、ガーンやられてたでしょうね………

―――まだ0を見ていないということは、また同じ夢を見るかも知れませんね。ありがとうございました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。