ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドウェイン・ジョンソン主演の映画『Skyscraper』、2018年7月に米劇場公開へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


米ユニバーサル・ピクチャーズとレジェンダリー・ピクチャーズは、ドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『Skyscraper(原題)』の米劇場公開日を2018年7月13日に決定した。

ジョンソンは、超高層ビルのセキュリティを査定する元FBI人質救出部隊のリーダーであり、米国退役軍人のウィル・フォードを演じる。中国での任務で、フォードは世界一高く、安全と言われているビルが突然燃え上がっているのを発見するが、その炎上の罪を着せられてしまう。指名手配を受け逃亡するフォードは、真犯人を見つけて自らの疑いを晴らし、何とかしてビル内に閉じ込められた家族を救出しなければならない。

『Skyscraper(原題)』は、ジョンソン主演のクライム・アクション映画『Central Intelligence(原題)』で監督を務めたローソン・マーシャル・サーバーが脚本と監督を務め、ボー・フリン、ジョンソン、サーバーがプロデュースを手掛ける。ダニー・ガルシア、ハイラン・ガルシアはエグゼクティブ・プロデュースを担当する。

ウェンディ・ジャコブソンは共同プロデューサーを務める。映画は米ユニバーサル・ピクチャーズが配給する。

ジョンソンは今年の夏に撮影を行うニューライン・シネマによるアクション映画『Rampage(原題)』の撮影が終了した後に、『Skyscraper(原題)』の撮影を予定している。現在ジョンソンは、テレビドラマ『ボウラーズ』の第3シーズンの撮影に入っており、さらにメモリアル・デー(戦没者追悼記念日)の週末に公開する映画『ベイウォッチ』、12月に公開を予定している映画『Jumanji(原題)』に出演する。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。