ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、ワイヤレスでデータと電力を伝送できる特許を米国で出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は、友達のスマートフォンを使って自分のスマートフォンをワイヤレス充電することが可能になるかもしれない新しい特許を米国で出願しました。先週の金曜日、米国特許出願第 20170064283 号「近距離通信におけるデータおよび電力転送の構成」の特許公開が行われ、Sony がこのような技術を研究していることが分かりました。これは、消費者電子(CE)デバイス間の無線給電およびデータ転送を構成する方法をカバーした特許で、その仕組みから推測すると、スマートフォン、冷蔵庫、テレビ、PC、洗濯機、電子レンジなど、2 つの家庭用家電の間でデータと電力をワイヤレスで転送することが可能になります。NFC を利用しているので、例えば、友達のスマートフォンからワイヤレスでバッテリーをもらったりすることが可能と見られます。肝心なのはデータ転送も可能なことです。NFC を利用した技術なので、Wi-Fi スポットの電波で充電するようなことはできないと思いますが、例えば、NFC タッチでユーザー認証や決済を行い、そのままワイヤレスで充電を行う充電スポットのサービスを実現できると考えられます。また、バッテリー非搭載の IoT 機器にスマートフォンの NFC タッチすることで電力を供給し、IoT 機器が動作するような使い方も可能なはず。あくまでも特許技術なので、どういう形で使用されるのかは特定できません。Soure : USPTOwhatafuture

■関連記事
オンライン決済サービスプロバイダーのWePayがモバイルWEBでAndroid Payをサポート
今日のS8 : ブラックバージョンの実機写真、4月7日から韓国で予約開始、独自の顔認識機能でモバイル決済の本人確認
Huawei、国内版「Huawei Nova」のAndroid 7.0アップデートを4月下旬に実施予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。