体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場

ドローンの活用は映像分野以外にも広がっていく

 

最近は、映画やテレビ番組などでドローンを使った斬新な空撮映像を目にする機会も増えてきた。

 

興味がある高校生もきっとたくさんいるはずだ。

 

このドローン、今のところ映像関係で使われることが多いが、近い将来にはもっとさまざまな分野で活用されるようになるとみられている。

 

例えば、海や山での救急救命や警備、災害現場での調査や作業、さらに、気象の観測、大規模農場の管理、宅配便や郵便の配達など、今、考えられているだけでも実にいろいろ。

 

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場

 

もちろん、これ以外の用途もこれからたくさん生まれてくるはずだ。

 

というわけでドローンは有望株。2015年から2020年にかけての5年で関連ビジネスの売り上げが10倍以上に成長するという予測もある。

 

つまり、今から数年後には、ドローンの開発や操縦をする人材が、今とは比べものにならないくらい必要になるということだ。

 

ドローンの操縦のほかプログラミングなども学ぶ

 

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場

 

このような社会的ニーズを踏まえて、2017年4月、なんと「ドローンを専門的に学ぶことができる高校」が登場する。

 

その名もバンタン高等学院ドローン&ロボティクス専攻。

 

3年間をかけて、ドローンの操縦はもちろん、プログラミング、ロボット工学、デザインなど、「ドローンのスペシャリスト」として働くために必要な幅広い要素を、ドローン業界で働く現場のプロから学ぶことができる。

 

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場

 

ドローンはラジコンと同じようなものと誤解されることが多いが、コンピュータプログラミングと手動を組み合わせて動く「飛行するロボット」

 

パイロットとして操縦するにもプログラミングの知識があったほうがいいし、ドローンを作る側を目指すなら、ロボット工学やデザインの専門性も必要になるのだ。

 

パイロットだけでなく開発者やデザイナーも目指せる

 

同校によれば、現状でニーズが高いのはパイロット

 

しかし、今後さまざまな分野・用途で使われるようになると、それぞれの目的に合ったドローンを開発する人も必要になってくる。デザインももっと多様になっていくはず。

 

このようにドローンにかかわるさまざまな仕事に対応できる力を養うことができるのがこの専攻の特色だ。

 

日本初! ドローンを専門的に学ぶ高校が2017年4月に登場
1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。