体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暁星高校1年生が作ったプロジェクションマッピングがすごい!

暁星高校1年生が作ったプロジェクションマッピングがすごい!

プロジェクターを使って、建物などに映像を映す演出技術“プロジェクションマッピング”。

 

今や世界中から注目されている手法で、リオ五輪の閉会式で見たという人も多いのでは?

 

昨年、このプロジェクションマッピングを高校生だけで完成させたのが、東京・暁星高校の「Party Maker」というグループだ。

 

メンバーは11人で、全員が高校1年生!

 

彼らが作ったオリジナルの映像作品は、文化祭で披露され反響を呼んだという。

 

そこでさっそく、Party Makerに会いに行ってみた!

 

教室中に浮かび上がる360度の迫力映像!

 

まずは、実際に文化祭で発表した映像を見せてもらうことに。 

文化祭当日のフル映像 ※著作権保護のため、音声は消去してあります

 

三角形や丸などのカラフルな図形が、音楽に合わせてリズミカルに壁じゅうを駆け巡る。

 

これを高校1年生だけで作り上げたなんてすごい!

 

「ぼくはもともと、趣味で動画の編集をしていたのですが、今回のように壁に投影するのは初めてだったので、制作にはかなり時間がかかりましたね」

 

と言うのは、映像制作を担当した岡本斗志貴くん。

 

映像の作り方や演出などは、すべて独学!

 

ネットで調べながら様々なソフトを駆使して作ったというから驚きだ!

 

暁星高校1年生が作ったプロジェクションマッピングがすごい!

 

「今回は、教室の前と横、後ろの壁“4面”すべてに映像を映して、図形が360度グルッと動くような演出にしたいと考えたんです。

 

でも、それが想像以上に大変で…。映像を壁に投影するには、プロジェクターが必要なのですが、4面に投影するとなるとプロジェクターも4台必要なんですよ。

 

学校から援助してもらえる文化祭の予算は限られているので、まずは低予算でプロジェクターを確保するところから始めました」(岡本くん)

 

迫力あるプロジェクションマッピングを実現させるため、どうにか安くレンタルできる業者を探したり、先生に頼み込んで授業で使うプロジェクターを貸し出してもらったりと、みんなで力を合わせてなんとか確保したそう。

 

壁の凹凸に合わせて映像の歪みを調節…!?

 

そして、いざ映像制作に取りかかってみると、360度映像にはさらなる困難が…!

 

「普通、プロジェクターはスクリーンの正面に置いて映像を投影するのですが、4面すべてに映像を映し出すとなると、それぞれの壁のど真ん中にプロジェクターを置かなければいけなくなってしまい、とても邪魔なんです。

 

暁星高校1年生が作ったプロジェクションマッピングがすごい!

 

そこで、プロジェクターを教室の四隅に置くことにしたのですが、そうすると教室の角の壁に映像を投影することになるので、凹凸があって映像が歪んで見えるんですよ。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。