体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族旅行にオススメ♪色湯にビックリ!子連れで湯めぐり温泉旅【栃木】

明賀屋本館

春の息吹が聞こえてきたら、子どもと一緒に外で遊びたいけど、ゆっくりもしたい・・・という大人の方も多いと思います。そんな方は塩原・板室エリアで湯めぐりしながら外遊びはいかがでしょうか?温泉は、疲れを癒すためだけのものにあらず!お湯の色や味、伝統的な入浴方法など、歴史や科学への知的好奇心も刺激しちゃおう。五感をフルに使って遊んだ後は、一回り成長した姿が見られるかも。

記事配信:じゃらんニュース

湯めぐり手形

七色の湯が湧く温泉郷で、湯めぐり、色めぐり。

湯めぐり手形

七色の温泉が一堂に会するのは、塩原温泉郷のみ。そのうち、五色のお湯は日帰り入浴でも堪能できる。協賛施設の日帰り入浴料が半額になり、そのうち1施設は無料で入浴できちゃうお得な手形を持って、湯めぐりに出かけよう。 湯めぐり手形

TEL/0287-32-2248(塩原温泉旅館協同組合)

料金/1冊900円(購入日から1年間有効)

「湯めぐり手形」の詳細はこちら

塩原湯めぐりMAP

塩原湯めぐりMAP

元泉館

入浴前後の違いが分かる?お肌すべすべ、“美人の湯”。

湯色/緑白色

元泉館「高尾の湯」は渓流露天風呂もあり。夜間はライトアップも

■飲泉可

優しい肌当たりの硫黄泉。3つの異なる源泉のうち、「高尾の湯」が日帰り入浴できる。珍しいにごり湯の飲泉も試してみて。 元泉館

TEL/0287-32-3155

住所/栃木県那須塩原市湯本塩原101

営業時間/日帰り入浴:8時~20時(最終受付18時)

定休日/不定

料金/日帰り入浴:800円

アクセス/電車:JR那須塩原駅よりJRバス(西那須野駅経由)で60分、終点「塩原温泉バスターミナル」よりタクシーで15分

車:東北道西那須野塩原ICよりR400経由で40分

駐車場/40台

「元泉館」の詳細はこちら

かんぽの宿 塩原

塩のパワーでぽっかぽか。“温まりの湯”を体感しよう。

湯色/黄金色

かんぽの宿 塩原

温泉成分が非常に濃く、天然の保湿成分といわれるメタケイ酸が豊富。塩の成分で湯冷めしづらいのもここのお湯の特徴。 かんぽの宿 塩原

TEL/0287-32-2845

住所/栃木県那須塩原市塩原1256

営業時間/日帰り入浴:10時30分~20時

定休日/6月5日

料金/日帰り入浴:12歳以上600円、6~11歳300円、5歳以下無料

アクセス/電車:JR那須塩原駅よりJRバス(西那須野駅経由)で60分、終点「塩原塩釜」より徒歩10分

車:東北道西那須野塩原ICよりR400経由で20分

駐車場/75台

「かんぽの宿 塩原」の詳細はこちら

大出館

日本でここだけ!幻の名湯“墨の湯”を目撃。

湯色/黒色

大出館
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。