ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「Microsoft Remote Desktop」で接続中の画面回転モードを変更可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Microsoft は 3 月 15 日、Android 用のリモートデスクトップクライアント「Microsoft Remote Desktop」を v8.1.51.269 にアップデートしました。v8.1.51.269 では、リモートデスクトップ接続を実行中に画面の回転設定を変更することが可能になり、Android デバイスの画面の向きに合わせてロックすることができます。デフォルトでは自動回転に設定されていますが、アプリ設定メニューの「Display」セクションで他のモードに変更できます。現在提供されているオプションは、ポートレートモード(縦向き)やランドスケープモード(横向き)の 2 種類で、このどちらかに変更するとその向きで固定されます(接続中のみ)。「Microsoft Remote Desktop」(Google Play)

■関連記事
KDDI、Xperia X Performance SOV33のソフトウェアアップデートを開始
ユニクロのスマートフォンサイトがリニューアル、服の画像で似たデザインのアイテムを検索することも可能に
Huawei、「Huawei P10 Lite」をマレーシアで正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。