体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「格安予算だとダサめの輸入車しか見つからない……」とお嘆きのアナタ、旧型クロスポロでどうでしょう!

▲車両50万円とか60万円以下ぐらいの予算感で輸入車を探そうとすると、どうしてもちょいダサめの車種しか選べなかったりしますが、「旧型クロスポロ」を選べばその問題は解決できるかもしれません!

▲車両50万円とか60万円以下ぐらいの予算感で輸入車を探そうとすると、どうしてもちょいダサめの車種しか選べなかったりしますが、「旧型クロスポロ」を選べばその問題は解決できるかもしれません!

本当に欲しいモノは、いつだって少々予算オーバー

中古車でも賃貸マンションでも、「この物件イイな!」と即思えるものはいつだってちょっと予算オーバーです。賃貸マンションでいうと、「駅近で日当り良好で広めで、そんでもってデザイナーズで……これサイコーじゃん!」という物件がSUUMOか何かで見つかっても、たいていの場合、その賃料は自分的MAX額を2万円か3万円超えており、下手をすると5万円ぐらいオーバーしてるものです。

で、仕方ないので妥協して、ちょっとダサかったりちょっと駅から遠めだったりするマンションを借りることになるわけですが、中古の輸入車を探す場合だっておおむねそんな感じです。

そりゃ大金を用意できれば選びたい放題ですが、車両価格50万円とか60万円ぐらいの格安しばりで探す場合は、最初は「なるべくおしゃれで新しい年式がイイな♪」なんて盛り上がるんですが、徐々に現実に打ちのめされ、最終的には「ま、仕方ないか……」とかなんとか言いながら、ちょっと地味めでちょっと古めの物件にハンコをついているものです。

それが一般的に見た場合の現実なんですが、中にはちょっとした例外もあります。つまり、車両50万とか60万円という格安しばりでも、なかなかイケてるビジュアルおよび雰囲気の1台が探せる車種もある、ということです。

その車種の名前は旧型フォルクスワーゲン クロスポロです。

▲旧型フォルクスワーゲン ポロの車高を20mm上げたうえで随所にSUV的な仕掛けを施したクロスオーバー、フォルクスワーゲン クロスポロ。写真は06年9月から09年10月までの旧型

▲旧型フォルクスワーゲン ポロの車高を20mm上げたうえで随所にSUV的な仕掛けを施したクロスオーバー、フォルクスワーゲン クロスポロ。写真は06年9月から09年10月までの旧型

SUVというよりは「SUV調」のニクい奴

クロスポロというのは、フォルクスワーゲンのエントリーモデルであるポロをベースに作られたSUV調の小型クロスオーバー。SUVではなく、あくまでも「SUV調」ですので、駆動方式は本格的なヨンクではなく普通のFF(前の二輪だけを駆動させるごく普通の形式)で、悪路を走るためのアンダーガードっぽい処理などもされていますが、基本的には普通の舗装路を走ることを前提に作られたコンパクトカーです。ただ全体のデザインが確かに「SUV調」なので、今の世の中のセンスに合致してる感じなのです。

現在は10年6月からの現行型が新車として販売されていますが、そちらは中古でも140万円前後がボリュームゾーンですので、50万~60万円ぐらいの格安しばりではさすがにちょっと難しいです。なので、ここで推しているのは06年9月~09年10月まで販売された旧型クロスポロの方です。

現行クロスポロは(当然ですが)現行型のポロをベースにしていますが、こちら旧型クロスポロのベースは旧型ポロの後期型。搭載エンジンは1.6Lのシンプルな直列4気筒で、トランスミッション(オートマ)もシンプルな構造の6速AT。専用サスペンションの採用により普通のポロと比べて全高は20mm高くなっていて、これがまたSUVっぽい雰囲気の醸成に鋭くつながっています。

外観は前後バンパーが専用品で、その一部をSUVのアンダーガードっぽくシルバーに塗装しています。またボディ下部とフェンダーアーチモールをブラックの樹脂とし、ルーフレールを追加している点もSUV的な特徴。カラフルなボディカラーは全5色用意され、オレンジとライムの2色はインテリアも同色系のファブリック素材にコーディネイトされています。

▲凹凸が付いた前後専用バンパーの中央部をアンダーパネル風に塗り分け、専用サスペンションで車高も20mmアップ。フェンダーアーチモールなどをあえて黒の樹脂にすることで「道具っぽさ」を出しています
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。