体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?
あなたのお口を守っている唾液には、体の変化や不調によってさまざまな異常が生じることがあるようです。

例えば、さらさらした唾液が止まらない…ということはないでしょうか?

今回はそんな唾液の役割から、さまざまな唾液の異常、その対処法などを医師に解説していただきました。

唾液とはどこから出て、どのような成分なのか?

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?
唾液(つば)は唾液腺から分泌されます。

唾液腺は耳の前・頬の裏側(酸っぱいものを食べるとツーンと痛くなる部分)にある耳下腺、あごのエラのあたりにある顎下腺、舌の裏側にある舌下腺などから出て、細い管を通って口の中に湧き出します。

ほとんどは水分ですが、アミラーゼなどの消化液や、病原微生物を排除するラクトフェリンなどの免疫成分、歯を健康に保つカルシウム、ぬめりを与えるムチンなども含まれています。

唾液腺は自律神経により指令を受けています。

緊迫した場面では交感神経の指令により唾液が出なくなり口が渇く・逆にリラックスして食事を楽しむ場面では副交感神経が働き唾液が増えるという調節が行われています。

唾液の役割

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?
■ 口の中にぬめりと滑らかさを与え、食べ物をかみ砕き飲み込むことを助ける

■ 食べ物と混ざり合うことで味を感じやすくする

■ 声を出したり喋ったりしやすくする

■ 空気中のゴミや食べ物と一緒に入ってきた病原微生物をとらえ、包み込んで殺菌し胃に流して処理する

サラサラとした唾液が大量に出る原因

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?

消化機能が弱っている

胃腸の消化機能が弱っており、それを補うために唾液が増えている。

口腔内の炎症

口の中や歯に傷や炎症があり、それを治そうとして唾液が増えている。

飲み込む機能の低下

唾液を飲み込む機能が落ちており、実際には唾液は増えていないのに口の中にあふれる。

飲み込む機能をつかさどる脳の病気の可能性がある。

自律神経異常

唾液量を調節する自律神経の働きが異常になっている。

つわり

妊娠に伴うつわりの一症状として、唾液が増える「よだれつわり」「つばつわり」がある。

原因は不明だが妊娠によるホルモン状態の変化によると思われる。

止まらない大量の唾液が出る場合の対処法

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?
普段でも唾液の量は一日あたり1リットル以上と言われています。

それ以上に唾液が出ていると、脱水症状になる可能性があるため、水分を十分取ってください。

その他にもある唾液の異常について

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?

シェーグレン症候群

免疫機能の異常により、自分の唾液腺を敵として認識して攻撃してしまい、唾液や涙が出なくなることがあります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。