体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おみやさん刑事役 渡瀬恒彦さん死去 早期発見が重要な胆嚢疾患について

おみやさん刑事役 渡瀬恒彦さん死去 早期発見が重要な胆嚢疾患について
2017年3月14日(火)俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため、都内病院で亡くなったことがわかりました。72歳でした。(参考)

人気刑事ドラマシリーズの主演を何本も務められ、「おみやさん」「タクシードライバーの推理日誌」「警視庁捜査一課9係」「十津川警部シリーズ」などで活躍されておりました。

渡瀬さんは2015年に胆嚢がんを患い、闘病中とのことでしたが、そもそも胆嚢とはどのような役割を持つ臓器なのでしょうか。

今回は胆嚢の概要、胆嚢に関する疾患、胆嚢を健康に保つ生活習慣などをまとめてみました。

胆嚢とは

おみやさん刑事役 渡瀬恒彦さん死去 早期発見が重要な胆嚢疾患について

役割

胆嚢は、肝臓の下部に存在している洋ナシ大の臓器で、肝臓で脂肪が分解された際にできる胆汁を腸に押し流す、ポンプに似た働きをしております。

人間が食べた物を消化、吸収するための重要な役割を持っており、普段、胆嚢は肝臓で合成された胆汁を濃縮し、貯蔵しています。

胆汁

肝臓で作られる消化液のことで、胆管を通り、胆嚢に貯まります。そして、食事の刺激などで胆嚢が縮んで胆汁を放出します。

胆石

肝臓で脂肪が分解された胆汁の成分に異常があったり、胆嚢が充分に収縮せず胆汁が滞ってしまうと、胆石と呼ばれるものが出来る場合があります。

胆石のできる場所は3カ所もあり、その位置によって症状に違いが生じます。

■ 胆石のできる場所

・肝臓の中

・肝臓と胆嚢をつなぐ胆管

・胆嚢

■ 胆石の種類

・コレステロール結石

・ビリルビンカルシウム結石

・黒色石

日本人に多いのは「コレステロール結石」と言われております。

胆嚢の疾患

おみやさん刑事役 渡瀬恒彦さん死去 早期発見が重要な胆嚢疾患について

胆嚢がん

胆嚢にできる悪性腫瘍のことで、60代に多いことから、原因の一つは加齢にあると考えられます。

胆石症を合併することも多いのも特徴の一つです。

■ 症状

初期の段階では無症状が多く、そのため、自分では気付くことは難しいとされています。

・発熱

・腹痛

・黄疸など

■ 治療法

基本的には手術になります。進行度により胆嚢だけでなく、肝臓の一部やリンパ節の摘出も必要となります。

しかし、転移がある場合、高齢で手術に耐えられない場合などには、手術が不可能と判断されることもあります。

手術以外の治療法としては、抗がん剤や放射線による治療があります。

胆嚢ポリープ

胆嚢の内側にできる粘膜のポリープで、ほとんどは良性とされて経過観察をすることになります。

しかし、ポリープが大きくなると悪性の可能性が高まり、重症化する場合もあります。

■ 症状

・鈍痛

・体重減少

・発熱

・黄疸

・下痢など

(※悪性だった場合)

■ 治療法

基本的には経過観察をしていくことになりますが、胆石に成長する可能性があるため、脂肪やアルコールを控えるなど食生活の乱れに気をつけ、ストレスをためないようにしましょう。

胆嚢炎

胆嚢や胆管が細菌感染によって炎症をおこす病気で、胆石が原因になることが多いです。

胆石が好発する中年以降の女性がなりやすいとされています。

■ 症状

急性と慢性で症状が変化します。

《急性》

・食後の体の痛み

・悪寒

・発熱

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会